「夫を変えようとしてはいけない」という助言の、もうひとつの理由 - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「夫を変えようとしてはいけない」という助言の、もうひとつの理由

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 修復

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

「どうすれば夫を変えることが出来ますか?」

 

という質問をすると

 

「夫を変えようとしてはいけませんよ」

 

とアドバイスをされることがありますよね。

 

その理由は

 

「人と過去は変えられない。変わって欲しいなら、あなたから先に変わるべき」

 

というようなものだろうと思います。

 


実は、この理由の他に、もうひとつ大事な理由があるのをご存知でしょうか?

 


多くの男性は、自分の存在、能力、働きかけによって愛する女性が幸せになること、今の自分に満足してくれることに幸せを感じます。

 

その幸せを得るために、彼なりに日々頑張っていることでしょう。

 

妻が夫に

 

「変わって欲しい」

 

と思っているということは、きっと彼の頑張りが妻の望む形とはズレているということでなのですよね。

 

ですが、彼なりに努力はしているんです。

 

それにもかかわらず妻が夫を変えようとしたら、夫はどう感じるでしょう?

 

自分の存在に対して、ダメ出しを食らったと感じないでしょうか?

 


「俺は妻を満足させることも出来ない」

 

「妻は俺に不足を感じている」

 

「俺は役たたずの使えない男だと思われている」

 

・・・こんなふうに感じたとしたら、自分の無力さに打ちひしがれてしまいますよね。

 


多くの男性にとって、妻によって変化させられるのっていうのは、自損感情を酷く傷つけることなんです。

 


もしかすると妻と顔を合わせるたびに自分の無力さを感じて、心がズキズキしてしまうかもしれません。

 

そんな心のズキズキを感じなくても済むように、妻から離れていってしまうかもしれませんよね。

 


夫を変えようとする前に、まず、今の夫の頑張りを認めるようにしてみてください。

 

そして、その頑張りが自分の気に入るようなものでないとしても、そこに感謝するようにしてみましょう。

 

その上で要求したいことがあれば、夫に不快感を与えないようなやり方でお願いしてみるといいですね。

 

変わらせようとするよりも、ずっと早く夫に変化が訪れると思いますよ。

 

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

このコラムに類似したコラム

【お悩み相談】私は風邪もひけないのでしょうか 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/02/19 20:00)

離婚を避けるために出来る毎日の小さな習慣 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/01/22 23:56)

幸せなパートナーシップの妨げとなるもの 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/03/19 21:40)

幸せな夫婦になるための妻の心得 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/01/07 20:00)

なぜ夫たちはサッカーに熱狂するのか 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/06/18 20:00)