クラウド・コンピューティングとは何? - CMSサイト構築 - 専門家プロファイル

三井 博康
エムシーエス株式会社 代表取締役
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クラウド・コンピューティングとは何?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. CMSサイト構築
エムシーエスのCMS紹介 New 機能・概要

クラウド・コンピューティングについて

最近、クラウド・コンピューティングとよく聞かれるかと思います。用語集によりますと「ネットワーク上に存在するサーバが提供するサービスを、それらのサーバ群を意識することなしに利用できるというコンピューティング形態を表す言葉です。

ネットワークを図示するのに雲状の絵を使うことが多いことからきた表現です。雲の中にはハードウェアやソフトウェアの実体があるが、その中身は見えない(気にしなくてよい)というイメージです。」と言われております。CMSも1つのクラウドと言うことなのかもしれません。

クラウドで代表的なのは、

 ・ WEBメール(G-mail)
 ・ evernote
 ・ Dropbox

これらは、どこにいてもログインすれば、PCでも携帯でも自分の管理しているページを開き更新が出来る CMSも同様です。インターネットに接続さえ出来れば、自社のホームページを更新編集が可能になるのです。

そして、最近ではtwitter facebookと新たなクラウド・コンピューティングでのコンテンツが活用されております。それでは、クラウド・コンピューティングといわれるCMSはかんたんとは言えないがメリットはなになのでしょうか。

1.作成と更新が楽

ちょっとした文字の訂正や、付け加えでしたら、瞬時に対応できます。また、できれば直感的にこの作業が出来、デザインを崩さないような形が望ましいです。

2.作業場所は選ばない

何度も申しますようにインターネットが接続できる環境下であれば、何処でもCMSを利用して、ホームページを更新編集追加が出来るのです。仮にパソコンが故障していても違うパソコンで対応可能です。

3.ランニングコストがかからない

ホームページの修正編集追加を業者に依頼しますと、当然のこと費用が発生いたします。※一部CMSにおいては、ASPシステムといって、月々の使用料がかかるシステムもございます。


デメリット

デザインレイアウトやスクリプトに制限がある。

CMSを提供している企業にサービスのアップデート他を委ねられます。 メーカーにもよりますが、導入コストがホームページ制作費用以外にかかる。 一般的には、30万円から150万円

このコラムに類似したコラム

自社サイトコンテンツの制作の仕方 その1 三井 博康 - Webプロデューサー(2014/01/27 13:18)

CMS導入と未導入のホームページの違い 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/10 14:09)

CMSを導入したのに更新が難しい? 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/06 11:52)

今がチャンス!面倒なホームページ更新作業が、かんたんに!! 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/06 11:40)

CMSを導入する際のポイント 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/06 11:12)