社長は、社員の意見をどこまで経営に活かすべきか? - 組織改善・風土改革 - 専門家プロファイル

黒澤 森仁
ユアーブリッジ・コンサルティング 代表
東京都
組織と仕組みをつくる専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長は、社員の意見をどこまで経営に活かすべきか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 組織改善・風土改革

こんにちは。黒澤です。

 

社長は社員の意見をどこまで経営に活かすべきでしょうか?

先日、あるクライアントの社長から、こんな相談を受けました。

 

「先日の会議で関係者で意見を出し合い決まったんですが、

私はこの案を追加したいんです。

だから、社員に私の意見を伝えて、

再度、会議を開催しようと思うんですが・・・。」

との事でした。

 

私は、社長に、

 

「追加したい案を追加して、社員に決定事項として通達してください。」

とアドバイスしました。

 

状況によっては、再度、会議をしてください。

とアドバイスすることもありますが、

今回は、ちょっと言い方は良くないですが、

社長が勝手に決めて通達してください。

 

というアドバイスをしました。

 

 

社員の意見を経営に活かした方がいい。

という意見があります。

 

それはそれで賛成です。

たくさんの人の脳を借りるのはいいことです。

 

ただ、こういった場合、一番重要なことは、

 

「成果を出すために最善策は何か?」

ということになります。

 

 

成果を出すためにスピードが必要。

社長のリーダーシップが必要。

多くの意見が必要。

社員への納得度の浸透が必要。

 

 

など、色々と場面によって違ってきます。

 

まず、今、得るべき成果は何か?

そのためには、どうすることが最善か?

 

それを考えていれば、自ずとやり方も見えてくるはずです。

ご自分の威厳を保つ、とか、社員にいい上司と思われたい、とか、

そういう邪念は捨てて、成果にフォーカスして物事を決めましょう。

 

このコラムに類似したコラム

ただの「会議」と「会議体」の違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/06/10 08:03)

“立派過ぎる社長さん”の弊害? 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/06/24 08:00)

任す側と任される側のすれ違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/02/25 08:00)

「言い訳」と「説明」の紙一重の違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2011/07/11 00:00)

理想の上司像に見る「働く意識の乖離」 辰巳 いちぞう - 経営コンサルタント(2011/04/23 11:43)