リフォームの心得 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォームの心得

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

リフォームは新築に比べ、空間的な広がりが容易にイメージできます。実際に今まで住んでいたのですから増築や取り壊しをしない限り、それ以上大きくも小さくもなりません。
その中でリフォームをするのですが、最近の傾向としまして、小さな部屋を広くする事が流行っています。面積の変わらない空間でも余剰スペースが残っていないか必死に探し出す作業が続きます。

そこで注目されるのが、廊下の部屋への取り込みです。廊下は人が通る以外目的の無い空間です。個室を通って次の個室に行くのは抵抗がありますが、リビングを通ってダイニングへ行くのには抵抗を感じません。
リフォームするほどの古い家の間取りは廊下を通じて、リビングへも台所へも行ける様な間取りになっています。その廊下をリビングやダイニングに取り込めば増築せずに広い空間を手に入れる事ができます。

ここで考えたいのが、何故広い空間が必要なのかということです。返事がどれも大体同じで「今の空間が手狭になったから」という言葉が返ってくるでしょう。もう一歩踏み込んで何故手狭になったのでしょう?
ここからは答えがバラバラになります。家族が増えた・子供が大きくなって相対的に部屋が狭くなった。なら広げる必用があります。しかし、家族が増えていないのに手狭に感じるのでは、部屋を広くしても問題は解決しません。
それは、部屋がモノで溢れていることに起因します。何もしなくても消費社会に生活していれば、モノは増えて行きます。増えたモノを整理しようと家具を買うと部屋が狭くなります。リビングがすぐに使わないもので氾濫していませんか?
リビングには必要なものだけ置くようにすれば、広く生活できます。それには、リビングを広げるよりも収納空間を充実させるほうが効果的です。リビングは日当たりや通風、動線と言った条件を揃える必用がありますが、収納空間は場所を選びません。言い換えればどこにでも作ることができます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

机と本棚 吉田 武志 - 建築家(2013/07/23 14:07)

リフォームの相談 中郷 洋次 - 建築家(2012/06/11 07:17)

リビング収納!? 中郷 洋次 - 建築家(2012/01/25 07:11)

「日経リフォームフェア」 清水 康弘 - 工務店(2011/10/31 11:41)

設計事例「掘り炬燵のあるリビング」 奥山 裕生 - 建築家(2011/03/27 17:02)