そんなバナナ - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そんなバナナ

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

バナナの生産量世界1位の国は?
まず思い浮かぶのが、やはりフィリピン。
次にエクアドルなどでしょうか。

正解はインド。
国際連合食糧農業機関「FAO統計データベース2011」によると、バナナ生産量の世
界TOP10は以下の通りです。

01 インド    2,966万7,000トン
02 中国     1,070万5,740トン
03 フィリピン   916万5,040トン
04 エクアドル   742万7,780トン
05 ブラジル   732万9,470トン
06 インドネシア  613万2,700トン
07 タンザニア   314万3,840トン
08 グアテマラ   268万0,390トン
09 アンゴラ   264万6,070トン
10 メキシコ   213万8,690トン

実は1位はインド。
あまり知られていないのは当然で、大半が自国内で消費されます。
糖度が高いのが特徴で、インド旅行の際は一度試しておきたいところです。
文化的に外皮に傷があっても気にしないため外観品質は低くなりますが、味に問
題はありません。

バナナの栄養価が高いことはよく知られており、また風邪の予防にも効果があり
ます。
白血球の働きを高めて免疫力が上がるためで、ガン予防効果も期待できます。

昔は“病人でなければ食べられなかった”代物ですが、今はどこでも手に入り、
皮をむくだけですので忙しい朝にも最適です。
年末のラストスパートのお供に、そんなバナナはいかがでしょうか?

 

☆貯蓄率135.2%の個人年金保険 -49歳以下の方限定-

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

OPPO、躍進(2016/11/04 09:11)

このコラムに類似したコラム

さりげなくポスト・インド、BPO大国フィリピン 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/01/24 20:53)

映画に見る物価 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/04/25 09:00)

アベノミクス発動から1年 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/12/27 09:00)

夏休み旅行者数0.7%減 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/25 11:04)

ポーク・バレル(汚職の温床) in フィリピン 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/05/13 09:00)