若者に見捨てられそうなマクドナルドの売上げ - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

若者に見捨てられそうなマクドナルドの売上げ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
飲食業界では、売上減少の止まらないマクドナルドが話題です。ファーストフードの代表格マクドナルドは、一昨年まで既存店売上高が8年連続で前年比プラスを記録してきました。通常、飲食店の売上増は、新規店舗の売上げも含めて公表されます。そのため、店舗を増やすと利益とは関係なしに売上げは増加する仕組みです。

 コンビニ店などその典型です。毎年、売上増を続けていますが、これは新規店舗を含めての増加で、既存店だけの場合は年々売上げを減られているのが現実です。その点、マクドナルドは既存店の売上げが増えていましたから、これは飲食店としてはたいへんな記録。フランチャイズ加盟している店舗は、確実に利益を上げていました。

 この記録も、昨年は更新が止まりました。100円メニューを拡充させたり、メニュー表示を上部看板にするなど手を尽くしていました。その結果、来店客数は伸びたのですが、顧客単価が伸びなく売上減です。そこで問題になるのは、マクドナルドでの出費を減らしたお客さんは、どこでお金をつかっているかです。

 コーヒー、惣菜の販売に力を入れているコンビニですが、ここも同じように既存の売上げは頭打ちです。弁当や惣菜を販売する中食市場は、総じて売上げが落ちています。外食市場の場合は、それ以前から売上げ減少が続いています。「誰がマックを食べたのか」犯人探しが行われてきました。その結果は、若者の食生活に変化が起こっているようです。

 若者の収入が減っています。そのためか今の若者はしっかり食事をしない人が増えています。最近は電車の中やベンチなどで、パンとかおにぎりを食べている若者をよく見ます。昼食ばかりでなく、夕食もしっかり食べる習慣をなくしている人が増えています。食事を一食抜く人も、決してめずらしくないのが昨今の若者ライフです。

 一方で、少ない収入の中から、スマホの通信費だけは、多額の費用がかかる生活をしています。この現象は、国が真剣に取り組まなければならない大問題です。後日、この世代の健康問題として、ツケを支払わされることになります。若者の食事問題は起業家も真剣に考えなければならない問題です。

【一言】
 若者に限っていいますと、献血する人が少なくなって深刻な問題になっています。昨年度、16歳から29歳までの献血者は130万人。10年前の01年度は223万人でしたから、約4割もの人が減っています。これは献血だけでなく、人のために何かをする精神の問題でもあります。献血をするための体力と思いやりにも問題があるかも知れません。

このコラムに類似したコラム

起業をいくら学んでも起業が実現できない理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/06 20:53)

起業当初からムダを極力排除したスタートを 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/05 20:50)

ライバルが必要なシーン、ライバル視してはいけないシーン 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/08 20:31)

自営業で開業するときの注意点 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/05 20:37)

新規開業では、個性とを取るか売れ行きにを取るか 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/26 20:26)