ウィルス対策を行っていない - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ウィルス対策を行っていない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 よくある失敗事例
セキュリティって大丈夫ですよね?でも記載しましたが、ベンダーに何もかも任せてしまっている事はすくなくありません。
その中で、ウィルス対策について、あまりにも軽視しすぎであることも少なくありません。


セキュリティ対策は、極めて重要な経営課題です。したがって、経営者が勉強しないということは、企業経営に致命的な打撃を与えることがあります。

特に、コンピュータウィルスは、きちんと対策を行っていないと、感染に気づかない上に、知らない間に情報漏洩が発生したり、他社を攻撃してしまうという事態に至る可能性があります。
しかも、その可能性は決して低くありません。

ネットワークウィルス(ワーム)と呼ばれるものは、インターネットに接続しただけで感染してしまうものがあります。こうしたものに感染しないためにも、インターネットを利用する限り、ネットワークを利用する限り、ウィルス対策は必須なのです。

「うちは、インターネットを使う端末は1台だけなので、そのPCにだけウィルス対策を導入しています。」

とおっしゃる会社さんもいらっしゃいます。
しかし、そのPCとデータを受け渡ししたり、LANで繋がっているPCが存在するのであれば、全てのPCにウィルス対策ソフトを導入すべきです。

また、Windows でなければ安全だという間違った情報が流れていたりしますが、windowsでなくても、ウィルスの脅威が存在します。
ただ、windows とそれ以外のOSでは、ウィルスの数が圧倒的に異なることから、ウィルスに遭遇する確率に違いがあるというだけです。

筆者自身は、たとえ、windowsでなくても、ウィルス対策ソフトは導入しておくべきだと考えています。

極論ですが、PCを利用する限り、ウィルス対策ソフトの導入だけは絶対必要であると考えてもよいと思います。


集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一