商売を始めるにも元手がない!! - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商売を始めるにも元手がない!!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は針供養の日です。
使えなくなった針ってあまり知らないなぁ…。

借入金について考えています。
一番素直に商売を考えるならば、借入金の出る幕はないのです。
自分のお金で始めて、自分のお金で回す。
それであれば何ら難しいことはありません。

が、当然ながら全てがそう簡単ではなく。
まず商売を始めるにあたって思いつくのは

・始めようにも金がない!!

ということが考えられます。
非常にわかりやすい状態ですね。

やりたい商売はある。
その商売をやるにはお金が必要だ。
でもそのお金はない。
ではお金を貯めようにも、お金を貯める術がない。
じゃぁ他人から借りてこよう!!

ということです。

いわゆる創業資金と呼ばれる奴がこれです。

明日はまた違う形での借入について。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

どんなときにお金を借りるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/12/06 07:00)

無駄のない経営 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/15 07:00)

借金をしまくるのは、確かに一理ある 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/13 07:00)

苦境時に苦境だと説明できること 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/20 07:00)

何のために家計簿をつけるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/30 07:00)