火災保険 見直し 火災は意外と多い - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火災保険 見直し 火災は意外と多い

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険
火災の原因はほとんどが火の不始末です。たまには防災について考えてみましょう。
ちょっと古いですが
2000年の全国火災発生状況は総出火件数62,418件
損害額1,473億円 
死者数2,040人
負傷者数8,136人でした。
1日あたりでみると、国内のどこかで約171件(約8分に1件の割合)の火災が発生し
5.6人が死亡
22.2人が負傷し
約4.2億円が灰になった計算となります。
(総務省消防庁データより)

○火災の三大原因
1位こんろ
2位たばこ
3位放火

○注意するべきポイント
たばこ
・寝る前と出かける前は喫煙場所を確認しましょう。
喫煙者が減っているのに未だに事故は多いです。

○こんろ
・揚げ物をしているときはその場を離れないようにしましょう。
・近くに燃えやすいものを置かないようにしましょう。
・ゴム管の点検もたまにはしましょう。
・使用後は元栓を締めましょう。

当たり前のことに聞こえますが、原因として多いことに注目。
○ストーブ
・火をつけたままの給油や移動はやめましょう。
・燃えやすいものは近くに置かないようにしましょう。
・出入り口の近くには置かないようにしましょう。
○ライター
・子供の手の届くところにライターを置かないうようにしましょう。
○その他
・高齢者、身体障害者等は避難しやすい部屋で寝ましょう。
・お風呂は浴槽に水が入っていることを確認してから点火しましょう。

その他保険に関する情報はこちらをご参照ください
↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓
保険業界で頑張る社長のblog