学資保険? それとも積立? - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

学資保険? それとも積立?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
生命保険 学資保険
夫36歳、妻26歳、子供0歳の家庭の主婦です。
今後の教育費のことを考えると悩みいっぱいです。

「学資保険、子ども保険が教育費の備えにならない」と聞きました。
「学資保険、子ども保険では払込より受取額が少ない=普通に貯金する方がよい」ということでしょうか?

・平成13年3月契約学資保険
・保険金100万円
・満期まで18年間
・月々保険料4,570円
これは子供が18歳になると100万円もらえる学資保険です。

18年後に100万円をもらうためには、{月々保険料4,570円×12ケ月×18年=987,120円}
4,570円を毎月1%で18年積み立てた場合は、{1,086,429円}になります。
それぞれメリットとデメリットがあります。

学資保険のメリット


・100万円の保険がついている
・天引きされるので強制的に積立ができる

学資保険のデメリット


・今の時代利息がほとんどつかない
・現在の低金利が18年間固定される

4,570円を月1%で18年積み立てるメリット


・学資保険よりも利息がよい
・高金利になった時、元本は確保され預け変えができる

4,570円を月1%で18年積み立てるデメリット


・保険の役割はない

貯金目的ならば、学資保険は現在おすすめしません。
保険として加入するなら、共済のキッズ(月々900円(約40%割戻しあり)で死亡200万、入院・ケガ1日5,000円・扶養者死亡補償その他)もあります。

CFP伊藤の個人的結論としては、
1)保険目的なら共済のキッズ等
2)教育費を貯める目的なら
・高金利になるまで、金利は期待しないで積立預貯金
・変動金利型(世の金利上下に連動するタイプ)の積み立て預貯金
・借金のある人は借金の繰り上げ返済により、支払い利息を減らす
等、その方の状況により変わってきます。

ライフプランの見直しなら「FP知恵の木」