IT投資を客観的に判断する視点 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT投資を客観的に判断する視点

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はIT投資についてのお話です。

最近の景気回復基調により、これからIT投資に対しても前向きな議論が行われる機会が増えるでしょう。

多くの企業にとって、成長戦略の実現や新規事業立ち上げにIT投資が必要となるでしょうから、先行して議論を進めることは素晴らしいことだと思います。

一方で、IT投資を客観的に判断する視点の重要性も忘れてはいけないと感じています。

最近流行っているから、競合他社が始めたからといった安易な理由だけで、IT投資の是非を判断することは非常に危険です。

あくまで判断基準は、自社の中長期的な利益向上に貢献することが基本となります。

網羅的な漏れのない視点、全体最適の視点で議論を行いましょう。

必ずしもITを活用する必要がないのかもしれませんし、IT投資よりも優先順位が高いことがあるかもしれません。

IT投資を行わない中小企業であっても、他人事ではありません。

IT活用に自らの時間を費やしているのであれば、ある意味IT投資をしているのと同じことになるわけですから。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)

このコラムに類似したコラム

【ITベンダー脱下請】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/06/11 09:04)

攻めのIT活用 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/01/04 15:31)

【ITベンダー脱下請】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/10/15 10:07)

経営とIT 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/05/16 09:58)

【ITベンダー脱下請】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/07/16 11:24)