ビジネスのスピードは、どこで出すスピード? - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネスのスピードは、どこで出すスピード?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 アパレル関連の仕事をして、自宅においても副業でアパレル通販をしていた女性。会社を辞め、本業としてアパレル通販で徐々にビジネスを拡大していたところ、知人やコンサルタントからスピードが遅いと指摘されました。「ビジネスはスピード」と言うけれど、借金までして拡大することが必要かどうか悩んでいます。

 最近のビジネスにおいて、スピードはよく言われる台詞です。ただ、どこの場面でのスピードなのか、言っている当人さえ曖昧なケースが多いです。まず重要なのは、作業を処理するスピードで、これは早ければ早いほどよしとされます。ただ、ビジネスでのスピードと言う場合は、作業のスピードではなさそうです。

 次に、企業の成長のスピードをいう場合があります。アパレルの仕事をしている女性も、この会社の成長のスピードを指摘されているようです。もう一つ、判断のスピードがあります。小企業では、経営者が一人で対応しますから、スピードが速いのは当然です。取引先から依頼されたら、即決で判断することも可能です。

 よく、ビジネスでのスピードと言う場合、多くは大企業の判断のスピードをいっているケースばかりです。現場に取引先から依頼があって、それを上司に上げていくプロセスが日本企業は長すぎて、他の外国企業に取られるケースが多いからです。現場から、即経営者に上げたり、現場に権限を委譲する会社が増えています。

 わたしは、小企業の場合、スピードを意識するより、じっくり考える時間を必要としているように思います。存外、小企業経営者は考えることをしなすぎます。必要なのは、できるだけデータを揃え、人の意見も聞いて考えてから判断をすることです。取引相手の都合のよいように、簡単に答えすぎるように思います。

 会社の成長のスピードを速めることは問題が大有りです。急成長して倒産する会社はいくらでもあります。管理体制ができていないのに、会社の売上げばかりが急上昇しますと、多くの会社は資金ショートが起こって倒産します。よく、会社の勢いのあるときに、成長するべきと言う人がいますが、体制ができてないときは危険です。

 業種にもよりますが、ITビジネスの場合と違って、実際の販売やサービスを行うビジネスの場合、スピードは作業のスピードだけで十分です。小企業にとっては、慌てて決断することも、業容を急拡大させることも必要ありません。身の丈にあった経営をしながら、経営者としての力量をつけるスピードを考えてください。

【一言】
起業する場合の準備として、ビジネスハードとソフトがあるように思います。ハードは、起業する業種や業態、ビジネスの内容な集客方法などです。ソフトは、起業する人の経営者としての力量です。勇気ややる気だけでなく、自分を節制する克己する力や、自己コントロールする能力です。このハードとソフトがバランスよく染み付いていないと、「起業したのに自分に負けました」という結果になります。

このコラムに類似したコラム

離職率の高い業界で起業すると採用では不利? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/29 20:37)

ヤンテの掟型社会と、ヒーロー主義型社会の違い 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/29 20:45)

「アジア経営者ビジネスサミット2013」が行われます 片桐 実央 - 起業コンサルタント(2013/09/06 18:27)

『フランチャイズ・・介護サービス FCの失敗ケース』 中川 強 - 起業コンサルタント(2013/06/04 17:13)

アベノミクスでも設備投資に尻込みする経営者 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/05/17 20:19)