寝台バス - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

寝台バス

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●Coffee Break
クライアントの依頼を受けて深夜バスを使って東京まで行った。片道3800円。新幹線の1/3のコストだ^^夜の10:30に天王寺を出て東京着が朝の7:00。帰りはその逆。つまり、東京で15時間(勤務時間にすれば二日分)活動できて宿泊費が要らず、日帰り?出張が可能になる。新幹線や飛行機の様に、勤務時間中に移動しなくて済む分時間にロスがない。私の様な個人経営者にとっては申し分のない移動手段だ。

欠点は一つ、寝れない><

座席の為、足元に血が下がってしまい、翌朝の疲労感が辛い!! そんな時、誰でも思いつくのが寝台列車。ゆりかごの様なあの快適さは座席移動のバスの比ではない。なぜ、寝台バスを作らないのか、ネットで調べてみた。

1960年に北海道で寝台バスが試験的に運行されていたが、当時の技術では重心の高さを克服する術が無く、転覆事故を起こし、法律で禁止されてしまったとの事。

現在ではなんでもない技術的な失敗の為に、50年近く前の法律で現在も規制されているのだ。法律は出来てしまうと廃止すると云う事が殆ど無い。日本の国はなんでこうなんだろうね。中国では寝台バス網が発達していて、都市間の移動に利用されている。

誰か政治家さんを動かして、寝台バスを復活させてくれませんかねえ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)