欧州、金利据え置き!でも来月は・・ - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

欧州、金利据え置き!でも来月は・・

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

さて、5日に欧州中央銀行(ECB)において、政策金利を現行の4.0%で据え置くと発表がありました。
しかしながら、来月は利上げの可能性も含んだ発言内容となっています。

昨年来の“サブプライム問題”から、世界的な景気減速を警戒して、この1年間政策金利を据え置いてきたECBですが、ここにきて原油高騰の影響を受けて、物価が一段と上昇する予測に中、利上げの可能性をにおわす内容の発表となりました。

特に、今回の消費者物価上昇の予測値が、0.5%上がり、3.4%となったことに警戒感を示しているようです。


また、同日イギリスの中央銀行でも政策金利を現行の5.0%で据え置くことを決めました。

こちらは、昨年から好景気に陰りが出てきたことから、年末から3回にわたり計0.75%引き下げを行ってきましたが、インフレ懸念が上昇してきたため、今回は様子見といったところです。


さて、一方国内に目を転じてみると、ガソリン価格がついに170円台を突破した日本ですが、果たして金利引き上げはあるのでしょうか?????


皆さんは、どう思われますか。


「んーーーーー」


いずれにしても、世界的に「景気減速回避」と、「物価上昇抑制」という2つのテーマを睨みながらの金融政策ですので、かじ取りが大変難しいことに間違いありません。


これからの金利動向については、しっかりウオッチしておきたいですね!


さて、本日メルマガ発行日です(イブニングタイムの発行予定です!)。

今回は、人気の「豪ドル建 元本確保型ヘッジファンド」をご紹介していますので、ぜひご覧ください!
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

それでは、穏やかな週末をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム