ソーシャルメディアセミナー(中部マーケティング協会主催) - 企業のコンプライアンス - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ソーシャルメディアセミナー(中部マーケティング協会主催)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業のコンプライアンス
ソーシャルメディア

中部マーケティング協会主催のセミナーで講師を務めました。

 

開催日時:平成25年10月25日(金) 14:30~17:00

 

FacebookやTwitter、Lineなどのソーシャルメディア(SNS)が定着し、企業、個人にとって魅力的な情報発信ツールとなっていますが、反面、不利益な情報が発信されると情報の拡散スピードは凄まじく、双方にとって問題となる場合が多くなっています。

そうした状況の中で、ソーシャルメディア(SNS)関連の不祥事は後を絶たず、企業がソーシャルメディア(SNS)を活用する、しないにかかわらずトラブルに巻き込まれる事態が多くなっています。実例からみる対処法と従業員への教育方法について解説をさせて頂くとともに、企業としてもつべき心構えについてお話をしました。

 

【テーマ】

「ソーシャルメディア活用において考えるべき対策

    ~従業員のネット不祥事を防止するために~  」

 

【セミナー概要】

Ⅰ ソーシャルメディアとは

1 ソーシャルメディアの意義

2 インターネットの特性とソーシャルメディアの特性

 

Ⅱ 企業におけるソーシャルメディアの活用のリスク

1 企業におけるソーシャルメディア活用の成功事例

2 トラブル事例

 

Ⅲ 従業員によるソーシャルメディアの利用とリスク

1 不適切発言・画像のリスク

2 非行自慢のリスク

3 情報漏えいのリスク

 

Ⅳ ネット不祥事が企業に及ぼす影響

1 レピュテーションリスク

2 企業関係者の責任問題

 

Ⅴ ネット不祥事を防止する社内体制の整備

1 ソーシャルメディアポリシーとは

2 ソーシャルメディアポリシーの会社ルールにおける位置づけ

3 ソーシャルメディアポリシー・ガイドライン策定上の留意点

4 全従業員向けガイドラインに記載すべき12項目

5 公式アカウント担当者向けガイドラインに記載すべき11項目

6 社内教育の実施

7 モニタリング

 

Ⅵ ネット不祥事が発生した場合の会社の対応

1 会社や個人への誹謗中傷の場合の対応

2 企業機密や個人情報の漏えいの場合の対応

3 事態収拾に向けた広報対応

 

Ⅶ まとめ

 

企業内セミナー・講演等も承っておりますので、ご興味のある方はご連絡をいただければと思います。

 

フランテック法律事務所 弁護士 金井 高志  

オフィシャルサイト[[http://www.frantech.jp]]

セミオフィシャル・ブログサイト[[http://www.frantech.biz]]

フランチャイズ本部サポート 〔〔http://www.fc-support.biz/〕〕

ソフトウエア・システム契約書サポート 〔〔http://www.software-law.biz/〕〕

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

カテゴリ 「ソーシャルメディア」のコラム

このコラムに類似したコラム

関西生産性本部主催 労働法研究会 講師 金井 高志 - 弁護士(2013/10/19 12:43)

日経ビジネススクール ソーシャルメディア セミナー 金井 高志 - 弁護士(2013/04/16 20:00)

一般社団法人茨城県経営者協会 セミナー 金井 高志 - 弁護士(2016/03/15 09:00)

Journal of Financial Planning 2015年9月号 金井 高志 - 弁護士(2015/09/18 09:00)