角地物件にサッシが入りました。 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)
杉浦 繁
(建築家)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

角地物件にサッシが入りました。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
建築 木比堤2

現場にサッシが入りました。

一部入ってない所もあるのですが、仮設玄関も付いたので

これで中には入れない状態になりました。

 

今回の住宅は角地に位置しています。

角地はどちらも道路なので良いことも多いのですが、一方では

歩いている人から良く見られてしまう・・・何て事もありますよ。

 

 

実際に暮らしてみて、折角角地で大きな窓が付いていても、歩いている人と

目が合ってしまう・・・なんて事になったら、ちょっと・・・ですよね。

 

今回は道路より少し高い位置に敷地があるのですが・・・やっぱり気になりますよね。

 

横の道路を横から・・・というと、ほとんど目が合うということはないのですが、

今回は前方から歩いてくる人に道路の近くの部屋の中身が丸見えという感じにも

なってしまうので、この辺は特に考えましたよ。

道路から少し離れた部屋なら問題無いんですけどね。

 

折角の南面なら大きな窓を付けて、太陽の明かりをいっぱいに取り込みたいですよ。

そこでゴロゴロできると最高ですからね。

歩いている人から丸見えだと・・・そんなこと出来ないですもん。

 

更にこっちは磨りガラスにしました。

視線も気にしないで明かるくていいですよね。

 

ここまで出来て道路は全く気になりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「建築」のコラム

完成しました。(2014/04/02 12:04)

外構工事進捗(2014/03/23 12:03)

引き渡しました。(2014/03/09 12:03)

外構工事(2014/02/23 12:02)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

「家を建てる」その前に勉強しておくこと。

料金
無料

家を建てる・買う前に「最低限知っておくべきと思うこと」を計4回にまとめました。住宅取得に関する注意事項は多岐にわたりますが、その中でも最低限知っておいてもらいたいことを事前準備として一緒に勉強しましょう。

家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

このコラムに類似したコラム

お風呂が入りました。 信戸 昌宏 - 建築家(2013/04/06 12:00)

ニッチ 信戸 昌宏 - 建築家(2013/01/25 12:00)

子供部屋をつくろう 4 大塚 泰子 - 建築家(2011/12/11 07:00)

子供部屋をつくろう 3 大塚 泰子 - 建築家(2011/12/06 07:00)

生産中止に注意か 信戸 昌宏 - 建築家(2011/11/27 12:00)