使える!預金連動型住宅ローン - 保険選び - 専門家プロファイル

保険比較ライフィ 
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

使える!預金連動型住宅ローン

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
家族を守る 住宅ローン
東京スター銀行が面白い住宅ローンを提供しています。

「預金残高連動型住宅ローン」です。

住宅ローン残高と普通預金残高の差額のみに
金利がかかるというもの。
すなわち繰り上げ返済したことと同じ効果があるのです。

一般に、住宅ローンを抱えても預金もあるのが普通。
たくさん溜まったら繰り上げ返済にまわす。
そんな方もいるでしょう。

でも、万が一のことが起きて現金が足りなくなることは
当然リスクです。

例えば
住宅ローン残高が2000万円、
預金残高が300万円、あったと仮定します。

 1)繰上げ返済した場合
 住宅ローン残高1700万円
 預金残高0円

 2)預金連動型住宅ローンの場合
 住宅ローン残高2000万円
 預金残高300万円のまま
 金利負担は1700万円にのみ。

このような状況でご主人に万が一のことが発生した場合、
住宅ローンは団体信用生命保険で残額返済。

1)は手元に0円ですが、
2)は手元に300万円が残ります。

住宅ローンを借りるとき、繰上げ返済をする気でいるならば、
「預金連動型住宅ローン」使えますよね。


残るリスクは就労不能。
病気などで働けなくなった場合の返済原資確保。

住宅ローン返済を考えた住宅ローンサポート保険はいかがでしょうか?
収入の60%を60歳まで補償してくれます。
銀行提供のモーゲージ保険とダブルで契約すれば、
安心の住宅ローンスキームです。

団体信用生命保険では就労不能のリスクは回避できません。
 → http://lify.jp/contents/insurance_study/s21.php



http://lify.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

カテゴリ 「家族を守る」のコラム