「私の履歴書」 利根川進教授の場合 - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「私の履歴書」 利根川進教授の場合

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 日本経済新聞の「私の履歴書」を毎日読んでいます。弁護士になって定期購読を始めましたから、もう25年以上になります。財界人と文化人とが、交互に登場します。財界人の場合、ポジティブ思考の人が多いのに対して、文化人は内省的な人が多いな、というのが私の観測です。同じような境遇に出会っても、財界人は積極的に運命を切り開いていこうとし、文化人はその状況の背景を掘り下げていこうとする、というような。

 現在(平成25年10月)の執筆者は、分子生物学者の利根川進教授です。教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したのは昭和62年ですから、もうおよそ四半世紀も前のことになるんですね。当時の日本国民の熱狂ぶりを思い出します。

 教授は、先の財界人と文化人との類型に照らし合わせてみると、両者のハイブリッドのような感じがします。困難な場面では、優先順位を付けて突破しようとする積極性を持ち、今後の日本については、人材こそが日本の財産であるとの洞察からその育成を説く、といった姿勢から、そう思います。

 感動したのは、若くして亡くなった次男さんに対するお気持ち。とても優秀な方だったそうです。ノーベル賞を返上してでも、取り戻せるものなら取り戻したい、との言葉には、深い愛情を感じました。

 正直に言うと、利根川教授には、もっと非情とまでに言わなくても、とてもクールな方という印象をもっていました。先生、ごめんなさい。しかし、それも覆りました。

 ある人物の意外な一面を発見する、というのも、「私の履歴書」を読む楽しみの一つです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

「私の視点」、私の失点。 大塚 嘉一 - 弁護士(2013/12/16 11:08)

自己破産をお考えの方へ(正しい知識を身に付けよう) 中西 優一郎 - 弁護士(2016/12/07 15:59)

借金は一人で悩まず早めのご相談を 中西 優一郎 - 弁護士(2016/12/07 15:54)

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)