スペースシャトル打ち上げに思う。 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スペースシャトル打ち上げに思う。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
スペースシャトルが旅立ちましたね!

中学から高校生くらいの頃、
宇宙飛行士になりたいと思っていたことがありました。

いや、正確に言うと、
「夢=宇宙飛行士」ということにしておいたっていうだけで、

どうやったらなれるのかを調べたり、
苦手な数学や物理を克服しようとはしなかった。

そもそも、中学校の頃に片思いしていた男の子に、
当時から体がでかかったためか、
お前宇宙飛行士になれよ。と言われ、

ふーん、なんかかっこいいじゃーん。
と思った程度です。

最初から、なれっこないと
決めてかかっていたんだよな〜。

今回、ディスカバリーに乗って旅立った、
宇宙飛行士の星出彰彦さんは、くしくも(?)同い年。

だからどーってわけじゃないけど、

多分、この方は私が、
ちゃらちゃらとうそぶいていた頃に、
その夢に向かって、着実に努力をしていたんだろうな。

そんなことを思いながら、
当時、今も仲良くしているMとやっていた
交換日記に、自分が下記のようなことを書いたことも
思い出しました。

・・・・・・・・・・・
ピアニストとか、野球選手とか、
子供の頃には、みんながなりたいって思っているのに、
いつのまにか、現実は厳しいって、あきらめてしまう。
現実にピアニストになっている人もいるのになんでかな〜?
私はなりたいものになりたいな〜」
・・・・・・・・・・・・

・・・・なんて書いてるんなら、
努力しろっつーの。むかしのあたし!!!

いや、昔の自分を責めても何も生まれません。
大切なのは「いま」と「これから」!

夢を語ることは、誰にでもできる、
夢を現実に変えるための努力だって、すればいいんだよね。

宇宙飛行士にはなれなかったけど、
自分がなりたい自分になるための努力は、
今からだっていくらでもできる。

万が一、当初思い描いていた夢が実現しなくても、
そこでがんばった経験が、別の宝物を授けてくれる、

今はそんな気がします。

その昔、物理や数学を本気で勉強していたら、
今よりもうちょっと、
お釣り間違えなくなったかもしれないもんね〜(苦笑)。
(数学どころか、算数のレベルで数字に弱い・・・)

おし!がんばるべ〜。