ティンバーフレームの極太柱をがっちり固定 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

鈴木 克彦
株式会社マクス 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ティンバーフレームの極太柱をがっちり固定

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ティンバーフレーム工法の住宅 富士市 時を刻む家
ティンバーフレームの家が出来るまでをダイジェストで書いております。

建物が地震で揺れた時、倒れようとする力に一番抵抗するのは、建物が堅ければ堅いほど、四隅の柱です。

四角い箱を倒そうとしてみれば分かりますが、四方の柱は、引き抜かれようとする力(引き抜き力)に抵抗しなければ行けません。

そこで、柱抜け防止金物(ホールダウン金物)というのがあります。

もちろん、ただ付いていればいいと言うのではなく、コンクリートの基礎にがっちりと埋まっていないと行けません。



写真は、コンクリートの配筋時(鉄筋を並べる時)の写真です。

二本ある黄色がかった傘の柄の様な金物がこのホールダウン金物なのですが、すでに、基礎の鉄筋と絡んで埋まっているのがお分かり頂けるでしょうか?

コンクリートを打設した時点で、基礎のコンクリートの中に埋まります。


そこに柱が付いた写真がもう一枚です。

太い柱に付いている金物が、さっきの傘の柄と繋がってる訳ですね。

これだけしっかり繋がっていれば安心できますね。


なお、ティンバーフレームについては、こちらもご覧下さい。