請求書がなぜ必要か - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

請求書がなぜ必要か

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は寿司の日です。
エビが高騰しているそうですね。

会計帳簿について書いています。
預金通帳やクレジットカード、現金払いの領収書について紹介しました。

次に請求書について考えてみます。
ここでいう請求書は

・自分が相手に渡した売上の請求書
・自分が相手から渡された仕入、経費の請求書

その両方を示します。


通常、商売の流れから言うと

・請求書のやり取りがあった後に
・代金の決済が行われる

ということが多いです。
飲食店や小売店などの現金商売だと売上側はそういうことがありません。
しかし仕入側に関しては請求書でのやり取りがあるのではないでしょうか?


どうして請求書が必要なのか?
それは会計の基本的な考え方があります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

請求書で売上を計上し、通帳で入金を確認 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/05 07:00)

現金残高の推移は大切な情報 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/24 07:00)

クレジットカード 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/20 07:00)

現金残高 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/22 01:00)

適切でない節税 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/17 01:00)