生命保険 見直し 主婦の保険 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 見直し 主婦の保険

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険
夫の扶養になっている専業主婦に保険は必要なのか?主婦の仕事は結構あります。実際自賠責保険の賠償の中にも主婦休損1日5,700円を認めています。5700円×30日=171,000円です。

●主婦が死亡や入院した場合のリスクをチェックして見ましょう。
主婦が死亡したり、長期の入院するとどんなリスクが発生するでしょうか?
主婦がいないとできない仕事はなんでしょうか?
そこから考えましょう。

家庭によって様々ではあるものの、掃除、洗濯、食事の準備、子供の世話などなどですね。この中から万一の主婦の入院や死亡の際に旦那ができることはやればいいわけです。でもできないものは人に頼むしかないですね。

お金=補償が必要になります。

●どんな出費が予想できるか?

・医療費の負担
(実費で補うことができるか、保険に頼るか)

・ヘルパーを雇う
(実費で補うことができるか、親に頼るか、保険に頼るか)

・外食費が増える
(実費で補うことができるか、親に頼るか、保険に頼るか)

●保険に頼るなら
入院の場合、医療補償を買うことにより医療費とペルパーの出費はまかなえます。特に、子どもが手がかかるうちは、少し多めに考えていたほうが良いでしょう。死亡保障は、お葬式代の300万円程度でいいかと思えますがそうでもありません。遺族基礎年金は父子家庭ではもらえないので、幼い子がいる家庭ほど妻の死亡補償も必要です。子供が一人で留守番できる年齢までの短期間だけでも補償は考えておいた方が良いだろうと思います。


その他情報はこちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog