夫と修復できない方が気が楽なんです - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫と修復できない方が気が楽なんです

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 修復

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

人はふれあいなしには生きていけません。

 

どんなに人間関係で傷ついたとしても、ふれあいの中で生きていくんです。

 

人とのふれあいは、私たちにとって欠かすことのできないもの。

 

酸素や水とおんなじです。

 

ふれあいにも色々なものがありますが、私たちが何よりも望むのが「親交」。

 

相手との間に築く、親密な関係です。

 

 

親密な関係は、相手との心の距離が近いですから

 

「近すぎて、怖い」

 

なんてことも起こります。

 

近すぎて何が怖いかっていうと、傷つくのが怖いんです。

 

たとえば、大して親しくもない相手が自分から離れていっても、そんなにダメージは受けないけれど、親しい相手が自分から離れていったら、ボロボロに傷つきますよね。

 

だから、親しくなり過ぎずに、一定の距離をキープしていれば、傷つくことをある程度回避できるわけです。

 

特に「機能不全家庭」で育った人は、親密さというものを知らずに成長したケースが多いので、人との距離を縮めることがものすごく怖いんです。

 

誰だって、未知なるものにトライするのは怖いですよね。

 

だけど最初に書いたように、人はふれあいなしには生きて行けません。

 

そこで、「親密さ」の代用品として、歪んだふれあいを得ようとすることがあるんです。

 

でも、歪んだふれあいによって手にすることができるのは、お互いにとっての不快な感情です。

 

例えば、わざわざ相手を怒らせるようなことをして、そのことで相手から罵倒されたり、攻撃されたり・・・なんていうパターンは、夫婦間では多く見られます。

 

この「罵倒されたり、攻撃されたり」という部分だけを切り取って

 

「夫が酷いんです~」

 

とご相談くださる女性もまた多いのですが、ご主人側に修復の意思があり歩み寄ろうとすると、奥さんは「親密さ」を怖れて避けよう、避けようとしてしまい、結局ご主人が

 

「お前とは、もうムリ」

 

って根を上げちゃうんです。

 

この状態になってしまっても、絶望しないでくださいね(^^♪

 

あなたには、親密感を学ぶチャンスが訪れているだけなのですから。

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 


 

 

このコラムに類似したコラム

幸せなパートナーシップの妨げとなるもの 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/03/19 21:40)

多くの女性が勘違いしている「男性の欲求」 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/07/10 20:00)

夫の失言に潜むせつないキモチ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/26 22:08)

夫婦仲を修復したい人に限って 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/07 21:00)

【お悩み相談】私は風邪もひけないのでしょうか 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/02/19 20:00)