インフレと住宅ローン - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インフレと住宅ローン

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

日本銀行は物価安定の目標として、消費者物価上昇率を前年比2%とすることを表明しました。物価が上昇するとどうなるか。お金の価値が下がります。住宅ローンをかけている家計では実質的な借金が減っていきます。固定金利で借りている人は、ローンの返済額が変わらないのでインフレにより給与額がUPした場合には、家計に占める住宅ローンの割合が減り楽になります。変動金利で借りている人は、インフレに伴い住宅ローン金利も上昇するために給与が同じように上昇するのであれば負担は変わらないでしょう。給与が上昇しなかったら、変動金利で借りている人は、家計に占めるローンの割合が増えて家計が苦しくなってきます。実際には住宅ローンのほかにも食べ物や衣服なども上昇するのでかなり生活を圧迫することになるでしょう。

住宅ローン選びは、今後の家計の予想と経済情勢を考え検討しましょう。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

住宅ローン選びは長期で考える 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/11 10:40)

住宅ローン、変動か固定かを決める3つのポイント 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2014/07/11 06:00)

安心の資金計画・住宅ローン選びセミナー(大阪)講師を務めます! 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/15 09:24)

住宅ローン 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/19 10:00)

NHKで弊社FP相談の様子が放送されます 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/07 09:36)