明瞭性の原則 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年05月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

明瞭性の原則

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日あたりから読書週間というのが始まるそうです。
読書が習慣づいて大分経ちました。

会計帳簿について書いています。
事業費と生活費が混ざった帳簿を作るのはオススメできません。

会計帳簿の作成にはいくつかの原則があるのですが、その中に明瞭性の原則というものがあります。
平たく言うと

・帳面はわかりやすく、読みやすく作りなさい

ということです。
ここで事業費と家計費が混在している帳簿を想像してみて下さい。
その帳簿をみると

・仕事に使った金物 500円
・スーパーで買った豚肉 300円

これが同じ帳簿に載っています。
使いやすいですかね?この帳簿?

結局この帳簿を読んでも

・事業だけの採算性を測ることも難しく
・家計管理に使えるわけでもない

という何の役に立つのだかわからない帳簿が完成します。
そんな帳簿はあまり役に立ちません。


ということで、中小零細事業者が現金出納帳をつけるのは案外と難しいのです。
もし作るなら、まず財布を分けることが必要です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

お仕事と人(2017/02/27 07:02)

人と道具(2017/02/25 07:02)

向いていない人はいる(2017/02/24 07:02)

関わる人が多いと大変(2017/02/23 07:02)

このコラムに類似したコラム

掃除機が経費になるのかどうか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/20 07:00)

ゴルフで仕事は取れるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/04 07:00)

お仕事と人 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/27 07:00)

会計職はなくなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/16 07:00)

どういう事業をしていきたいのか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/09 07:00)