将来を見越したバリアフリー/小日向の住宅 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

将来を見越したバリアフリー/小日向の住宅

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
設計の方法

コンクリート造3階建て、都市部の2世帯住宅です。敷地は南北に細長いため中庭を設けることで各部屋への通風と採光に対応しています。建物の高さ制限10mの中で2階リビングの天井高さを確保するため、1階を掘り下げ、3階の階高を抑えました。キッチン上部はリビングとの天井高さの差を利用した天井裏収納スペースになっています。建物内の上下階の移動はエレベーターのみとなります。エレベーター以外の上下階の移動は中庭の外階段を使用します。中庭と外階段にはキッチン勝手口、各世帯の裏玄関、離れの出入り口など5つの扉が面しています。

 

バリアフリー住宅を計画する場合、現状は健康でも将来を見越してバリアフリーとしたいということなどがありますが、徹底したバリアフリー化は健康なときにはかえって不便だったり、コスト高が気になったりします。どの程度の「バリアフリー住宅」にするか方針をよく練ることがポイントと言えます。

アプローチでは前面道路から玄関まで車椅子による移動ができるように段差をなくし、玄関では框の高さを低く抑え、腰掛を設けました。トイレは車椅子でも入れる大きさにし、扉も開き戸よりも引き戸、入口も便器の正面より側面と車椅子使用に適した作りにしています。位置も音漏れを考慮しつつも寝室の近くに配置します。手すりを今のところは使う予定はないので、いずれ設置できるよう手すりが必要となる可能性がある壁には下地合板を入れました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「設計の方法」のコラム

このコラムに類似したコラム

バリアフリー住宅の模型が完成 富樫 孝幸 - 建築家(2013/07/29 11:04)

若い人でもバリアフリーに気を使うべきか? 福味 健治 - 建築家(2013/04/08 08:28)

天然木無垢材でつくった自宅トイレ周辺の手すり 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2013/04/06 22:32)

高齢者とバリアフリー 福味 健治 - 建築家(2012/07/19 08:49)

愛犬家とバリアフリー住宅 堀 紳一朗 - 一級建築士(2012/07/18 11:00)