プレゼンの最後に伝えるべき内容は? - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンの最後に伝えるべき内容は?

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション

 

プレゼンのために様々な調査をし話す内容を考え、
パワーポイントで資料を作成し、
長かったプレゼンも終わりに近づいた時に
アナタはプレゼンをどんな内容で締めくくるつもりですか?

もしかして、
「長い間ご聴講いただきましてありがとうございました」
といってプレゼンを締めくくるつもりじゃないですよね?

プレゼンの最後には伝えるべき内容というものがあり、
これを伝えないとせっかくのプレゼンも効果半減です。

プレゼンの最後に伝えるべき内容というのはコレです。

■次のステップのためのアクションプラン

プレゼンというものは、プレゼンすること自体が目的ではありません。

プレゼンとは、ビジネスを進めるための一ステップに過ぎません。

ですから、当日のプレゼンが終了したら、
それで全て終了ということはめったにありません。

次のステップに進む必要があります。

範囲を絞ったより詳細な説明だったり、
導入事例の紹介だったり、
見積の提示だったり。

当日のプレゼンが終わったら、
次のステップに向けてなにをするのか?

具体的な日時もその場で決められたら一番いいのですが、
そうもいかない場合もあるでしょう。

その場合、最低限コレだけは確定させましょう。

■次のステップのためのアクションプランについて
 相談する連絡先を確定させる

次のプレゼンの調整をしたくても、
先方の担当者が誰なのかがはっきりしないと、
どうにもできません。

プレゼン終了後、どんなに時間がなくても、
先方の担当者の電話やメールアドレスといった
連絡先情報は入手しましょう。

アナタもこれで、プレゼンの最後に伝えるべき内容を伝え、
ビジネスを確実に一ステップ進めるプレゼンを実践してくださいね。

 

引用元

プレゼンの最後に伝えるべき内容は?

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社オリファイ 代表取締役社長

プレゼンマスター

「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念の元、あなたの素晴らしさ【伝える】ための、プレゼンテーションやインターネットを中心としたマーケティングに関するサービスを提供いたします

カテゴリ 「プレゼンテーション」のコラム