消費税引き上げと夫婦問題 - 離婚原因・離婚回避 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

消費税引き上げと夫婦問題

- good

夫婦問題 修復

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

女性って、男性に比べて

 

「私は損してる」

 

って感覚が強いんです。

 

損してるって思うから、お得感にこだわりますし、損してるって思うから

 

「その分、特別扱いしてよね」

 

って思いがちです。

 

だからレディースデーでもなきゃ、やってられないんですよね。

 

損を埋めてくれるような、特別なものがなきゃ。ね?

 


さて。

 

離婚する、しない、の話になったときにも「損」とか「得」を考えることがあります。

 

多くの場合、それは「お金」に関わることなんですね。

 

「離婚はしたい。けど、離婚して金銭的に苦しい思いをするのは損だ」

 

みたいな感じでしょうか。

 

皆さんご承知のとおり、来年の4月から消費税が8パーセントになりますね。

 

家計を預かる妻は、その影響の大きさに今から怖れを感じているようです。

 

そのためか

 

「離婚はしたいけど、生活が不安です」

 

というご相談がここ最近増えつつあります。

 

ちょっと前までは

 

「一生懸命働けば、何とかなります」

 

っていうお母さんが多かったんですよ。

 

でも、今は

 

「一生懸命働いても何とかなりそうもない」

 

と感じるんですよね。


これから先、離婚を選択しないご夫婦が増えるんじゃないかと思います。

 

でもそれは離婚回避であって、修復ではないことが多いだろうと思います。

 

そんな夫婦の間で育つ子どもさんは、両親から「親密感」を学べません。

 

そうすると、大人になってからパートナーシップで悩むだろうと思うんです。

 

その結果、今よりも日本の離婚率は高くなるかもしれません。

 


損したくない気もちがあるのは、仕方がないこと。

 

でも、もし離婚を選択しないのであれば、修復のためにできる限りのことはしてみて欲しいと思います。

 

 

ちなみに

 

「離婚したいけど、お金のことで損したくない」

 

という気もちは、あなたが思っている以上に夫に伝わりやすいようです。

 

お気を付けあそばせ(^^♪

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

離婚を考えるその前に「夫と子供どっちが大事?」 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/10/05 12:00)

【クライアントさまの声】今決めることはないって言われたら、楽になりました 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/10 14:00)

「夫と別れて、彼と結婚したい」と思ったら 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/04 20:00)

修復のゴリ押しをしていませんか? 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/02 11:23)

離婚話が持ち上がるのは、こんなときです 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/01 14:00)