投資ファンド動く! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投資ファンド動く!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
おはようございます!

最近「天気ネタ」が多いですが、ほんとにこれだけ“寒暖差”があると、体調を崩される方が多いのではないかと思います。

なかなか、完全に“衣替え”ができないでいるのは、私だけではないのでは・・・・
体調管理には、気をつけましょうね!

さて、昨日行われた「かつら」大手のアデランスの株主総会で、経営陣の再任案が否決されました。

投資ファンドのスティール・パートナーズ主導の動きではありましたが、投資ファンドのみならず、一般投資家も「NO」をつきつけたケースはめずらしいといえます。

最大の問題は、同社のこのところの業績悪化でしょうか。

業界首位の同社ですが、3月期の連結決算では5割減益の44億円、同2位のアートネイチャーが15%増の48億円と好調なのを受けて、アデランスの株価が低迷している責任を問う形となりました。


さて、皆さんは、この件をどのように受け止められましたか?

「業績が悪いのだから当然」

「外資ファンドによって、日本企業も変わらざるを得ない時代がきた」

「日本企業もこれからは、短期業績を意識した経営に変わっていくのでは・・・」

などなど様々な「感想」や「意見」を持たれたことでしょう。


間違いなく言えることは、業績だけに限らず、企業経営をきちんとマネジメントできる経営者(経営陣)のスキルが望まれる時代となったということです。


ただ、スティールの動きをみていると、やはり「投資ファンド」であることに間違いありません。

スティールは、中北製作所(船舶用バルブ)の株を、12.96%を保有していましたが、同社の娘婿で、小林製薬の親族である同社社員に約30億円で保有株を売却していたことがわかりました。

4年前に投資を行った投資額は約17億円でしたので、今回の売却で13億円稼いだことになります(オー!)。

将来のオーナーに、高い株価で売り抜けるあたりは、単純に「企業価値」を高める動きとはいえません。
もちろん、「投資ファンド」として当たり前のことをしたわけですが・・・


まだまだ「投資ファンド」の受け入れに対して、国も、企業も、一般株主も明確なコンセンサスの取れていない日本ですが、日本の将来の金融政策や株式市場を考えると、そろそろきちんとした方針(考え方)を示す時期がきているといえます。


さて、あなたがもし総理だったら、どのような方針をだされるのでしょうか!?


「んーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム