あなたのサイトにこんな素敵なメッセージ、届きますか? 〜 4倍速マーケティング #23 - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

谷口 浩一
株式会社チームデルタ 代表取締役
千葉県
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたのサイトにこんな素敵なメッセージ、届きますか? 〜 4倍速マーケティング #23

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
サイトプロデュースの現場から 戦略立案

あなたがいくらアイスクリームが好
きだからといって、魚釣りの餌にア
イスクリームを持っていく人はいま
せんよね。

にもかかわらず・・・


お客さんは自分のことにしか興味が
ありません。
何て今さらですが。

あなたが自分に何をしてくれるのか。
もっと楽しくしてくれるのか。
今よりもっと良くなるのか。
もっと幸せを感じれるのか。
この痛みは治るのか。

そんなことにしか興味はないんです。

でも売り手の多くはあいも変わらず
自分について語りたがります。
お客さんについてではなく、自分の
商品、自分のサービス、自分の会社
について、それがいかに優れている
かを語ります。

異業種交流会での名刺交換時に、
こういう人、けっこういますよね?

魚にアイスクリームを一生懸命与え
ようとしている人・・(笑)。

こちらが興味のないことをいつまで
もしゃべる人。

 


こんにちは。
チームデルタの谷口です。

 

広告やマーケティングの世界では
これと同様の間違いをする経営者や
マーケティング担当者がたくさんい
ます。

 

数撃ちゃ当たる式のテレアポもそう
です。

砂漠でノドがカラカラに乾いた人に
熱いお湯を差し出したらきっと怒ら
れます。

でも水を差し出すと喜んでもらえる
はずです。
同じ人に氷の入った冷たい水を差し
出すともっと喜んでもらえるはずで
すよね。
感動すらしてもらえるかもしれませ
ん。

僕らがマーケティングを通してめざ
しているのはここです。
どれだけのお客様から感動の声をい
ただけるか。

 

あるクライアントの元にはたくさん
のメッセージが届きます。
そのどれもが、読み手の心深くに染
みわたり、体感温度が1℃ほど上が
ったような、ハートウォーミングな
気持ちにさせてくれます。


このクライアントは、古くからある
製品にイノベーションをもたらした
人なんです。

革新的な製品が世に姿を見せた時、
多くの人は、それを見て、


『なぜ今までなかったんだろう・・』


って思います。

多くの革新的な製品は、決して想像
を絶するものではなく、


『そういえば、こんなのがあれば
いいと思ってた・・』


くらいの、形になってみれば、案外
当たり前のものだったりします。


このクライアントの製品も、考え
てみれば、とっくにあっても不思
議じゃない製品。
でも、これまで誰一人、思いつか
なかったんです。


それを日本で初めて開発したこの
クライアントはごく普通のおばち
ゃん(笑)。

でも、彼女のもとにはこんな心に
響くメッセージが日本中から届き
ます。


成功してお金持ちになるために何
をすればいいか、マーケティング
を少しかじった人であれば、


 ・より多くの人が喜ぶことをする
 ・より大きな問題を解決する


ことであると知っているはずです。

そういうことからすると、この
クライアントは、まだ成功途上
かもしれません。

が、、こんな心に響くメッセージ
を受け取ることができるこのクラ
イアントは経営者として幸せだと
僕は確信します。


想像してみてください。

自分が開発し、毎日毎日自分の手
で作り出す製品が、日本中の誰か
の毎日を少しだけ幸せにして、
誰かの生活を支えていることを実
感できるんですよ。

これがやり甲斐でなくて何がやり
甲斐でしょうか。


もらったわけではないの僕ですら
これらのメッセージを読むたびに
サイトの企画・構築という業務を
通して、彼女の仕事に関われたこ
とをうれしく思うんですから、彼
女がどれだけうれしいことか、想
像に難しくないです。


以前、福祉用具であり、お粗末な
民芸品のような日本の車椅子に高
度な機構を付加し、ファッション
性や快適性、安全性までも高め、
何よりも所有することの喜びをも
感じられるような素晴らしい
made in japanの工業製品に作り
替えてしまった偉大な男の話を以
下で書きました。

 

『誰も売らない商品をバカ売れ商品
に変えた男 〜 4倍速マーケ #21』

 

これはその第2弾のような製品。

 

送られてきたメッセージの一部を
ご紹介します。


【素敵屋Alook】
http://www.stick-alook.jp/

 

ーーーーー

32歳で3人の子供を育ててくれて

いる妻とは結婚して9年。
無理をしすぎた妻は足を悪くし、
以来おしゃれすることを避けるよ
うに。
無理した笑顔が痛々しいです。

 

そんな妻が毎日こちらのサイトを
見ていたと子供に聞き、早々にプ
レゼントしました。

 

おしゃれして以前のような笑顔を
取り戻してくれればうれしいです。

 

ーーーーー

 

幼いころの医療ミスにより右足が
不自由になり長い間杖を使ってい
ます。

 

ある日、小学校になる娘から、

 

『杖をついて学校に来ないでほしい』

 

と言わてました。
杖を使う私を見た友達からからか
われたことが理由でした。

どうやら幼稚園の頃からそんなこ
とがあったらしく、泣きながら訴
える娘のことを思うと不自由でも
杖を使うことができませんでした。

そんな私を見ていた娘が、

 

『私は大丈夫だから、杖を使って
もいいよ。今までごめんなさい。』

 

と。

 

うれしかったのですが、とても複
雑な気持ちでした。

 

そんな折、素敵屋Alook様のホー
ムページを見ました。
何か救われた気持ちで、即注文。
届いた杖を見た娘が大喜びで、何
も知らない4歳の息子までが、

 

『お母さん、似合うね〜」と(笑)。

 

2学期からは堂々と杖を使って学
校に行けそうです。

 

ーーーーー

 

27歳なのですが、椎間板ヘルニア
になってしまい、先月末に手術を
受けました。
現在はリハビリに通いながら自宅
療養中ですが、今後は杖が必要な
生活になるとのことです。

 

杖を購入するためにいろんな製品
を見ましたが、どれも味気なく、
毎日使うことを思うと気持ちが沈
みます。

 

けれど素敵屋Alookさんを見つけ
て以来、ネガティブなイメージを
一掃してくれました。
きれいで可愛くて一目惚れ。

 

婚約している彼との記念日が来週
なのですが、お出かけがとても楽
しみ。

ーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたか?
お客様のメッセージはモチベーシ
ョンへの原動力。
明日への活力です。

お客さんのほうだけ見て、誇りを
もって仕事に取り組みたいもので
すね。


今回も長い文章を最後までお読み
いただきありがとうございました。


さぁ、今日からまたハッピーワー
キングでまいりましょう。


毎日がみなさんにとって実り多き
一日でありますように。


チームデルタ
谷口浩一

 

最新のコラムはこちらでもお読み
いただけます。

http://www.facebook.com/Koichi.Taniguchi?sk=notes

 -----------------------------------------------------------

【チームデルタ on facebook】

近々、【あなたのホームページに足りないもの】を連載開始します!

 -----------------------------------------------------------

【谷口浩一 on facebook】

谷口を知ってる方、コラムQAを読んでくださる方、お友達になりませんか?

-----------------------------------------------------------

サイト再生とWeb戦略のチームデルタ公式サイト

-----------------------------------------------------------
Webマーケティング/サイト構築の毎日をつぶやいています
http://twitter.com/Team_Delta

 

 

このコラムに類似したコラム

あなたのサイトが学生を逃がしてる ~ 4倍速マーケティング #14 谷口 浩一 - Webプロデューサー(2012/06/14 11:41)

無料!ウェブ解析士オープンセミナー開催決定(atいわき) 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2011/06/16 19:37)

売上げアップのためのWEBマーケティング 服部 哲也 - SEO WEBコンサルタント(2016/03/14 22:03)