「戦略」と「戦術」は5W3Hで理解しよう - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「戦略」と「戦術」は5W3Hで理解しよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般



「戦略ってきちんと決めておかないとなぜダメなんですか?」

何度も何度もお話ししていますが、私が戦略にこだわる最大の理由は、「施策の的中率を上げて投資効率を上げる為」です。中小企業は、使える予算が限られています。しかもたくさんの予算が使えるわけではありません。にもかかわらず、売上を上げる、競合に勝つ、認知度を向上させる、などの目的のために行う施策を多くの経営者は、「自分が知っている作戦」を採用します。それもいとも簡単に・・・で、上手く行かなくて・・・不況や競合のせいにする・・そうこうしている間に・・・

少ない武器を最も効果的な場所に投下するために、その場所、狙い、を先に決めるのが「戦術」です。昨日お話しした「強みを活かす」のも同じ事なのです。では、今日は少し角度を変えて、この「戦略」をもっと端的に説明しましょう。単純すぎて、「それは戦略では無い」ときっと偉い先生はおっしゃるかも知れませんが、それは別に良いのです。私は、学者ではありません。中小企業が「戦略」を活かして業績を上げることをお手伝いするコンサルタントです。気にしない気にしない(笑)

さて、では、さっそく端的に「戦略」を説明致しましょう。

戦略とは「どこの」「だれを」「いつ」「なぜ?」攻めるのか!と言うことです。
つまり、「場所」「ターゲット」「時間(時期・季節・期間)」「目的」の4つの要素のことです。ね、端的でしょ?
そして「なにを」「どうやって」「どれくらい」「いくらで」投資・投下するのか!が戦術です。

ね?5W3Hで考えるとわかりやすいでしょ?

Where どこの
Who だれを
When いつ
Why なぜ

が「戦略」。そして、

What なにを
How どうやって
How many どれくらい
How much いくらで

が「戦術」です。

この8つの質問にきちんと「根拠」を持って答えられる「戦略・戦術」ならば施策の成功確率は極めて高くなります。「戦略」をシンプルに説明すると、昨日お話しした「強みを活かす」とこの「4W」となります。この「4W」はそのままのこりの「1W3H」で戦術に繋がりますからもっとわかりやすいかも知れませんね。いずれにせよ、このどちらかで「戦略」を理解したら、もう「戦術」から入るような野暮なことはしなくなります。だって、お金がもったいないですからね~

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

インドネシア最新情報セミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/10/09 10:31)

グローバル未来予測セミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/01/30 10:23)

Business Social Communication Forumのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/09/29 10:37)

経営課題解決シンポジウムのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/06/04 08:26)

クラウドファンディングセミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/02/05 09:07)