経済誌に見る投資対象エリア2 〜メルマガより〜 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経済誌に見る投資対象エリア2 〜メルマガより〜

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
これからの不動産市況
【EMPメルマガバックナンバー 2005/9/9号】


具体的にいえば、
我々が投資用ワンルームとして有望と見ている地区で、
記事の中で投資対象として
「高利回りで、しかも需給面の不安も少ない」駅として取り上げられたのは、


文京区の「江戸川区」「護国寺」「白山」のほか、


城東地区の「錦糸町」「森下」「住吉」「大島」、


城南・城西地区の「中野」「初台」「幡ヶ谷」「代田橋」
「三軒茶屋」「武蔵小山」「戸越」などです。


同誌が最も「購入安全度合いが高い」としたのは「月島」。
銀座からも歩ける立地のよさに加え、
大江戸線開通によって交通のアクセスが格段によくなったエリアです。


本文中で、読者の方が意外に思われるのが
「武蔵新城」だったかもしれません。
南武線で「武蔵溝口」から一駅です。


南武線は東横線、田園都市線、小田急線、
京王線などにも乗換ができ、沿線上には富士通、東芝、
NECなどのIT系企業や工場が多く立地する沿線です。


交通アクセスのよさと購入需要の底堅さに加え、
バブル期以降比較的土地を安く買える沿線だったこともあり、
デベロッパーのマンション供給が多く行われました。


単身者需要も堅調な地域で、投資エリアとしては悪くない地域だと言えます。
 

記事中には、「利回りランキング」のほか、
「空室率ランキング」「伸びる町ランキング」などがベスト、
ワーストで載っていますので参考になるかと思います。


ただ、私の住む「高島平」が「リッチ度ランキング」のワースト第2位だったのは
ちょっとショックですが・・・。


※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP