厚生年金保険料の引き上げ - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

前野 稔
MC PLUS 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

厚生年金保険料の引き上げ

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続

 

 

この10月から家計負担増になることがあります。

 

それは、厚生年金保険料の引き上げです。

 

 

現在の厚生年金保険料は、16.766%ですが、

10月給与分から0.354%の引き上げとなります。

 

厚生年金保険料は、労使折半のため、

実質の本人負担分は0.177%の引き上げとなります。

 

 

厚生年金保険料の額は、標準報酬月額×保険料率で

計算されますので、標準報酬月額が30万円の方で、

1,062円の負担増となります。(労使合計)

 

 

この厚生年金保険料は、平成16年から

毎年引き上げられており平成29年まで続く予定です。

 

 

厚生年金保険料の負担増はまだあと4年続きます。

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

10月から会社員のフトコロがさらに厳しくなる 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/01 13:05)

自分年金は必須時代に「確定拠出年金」を理解しよう 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/07 17:36)

公的年金の最高額! 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/19 06:26)

老後生活資金はいくらあれば足りるのか? 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/18 12:24)

国民年金納付率、最低に 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/25 10:26)