住宅ローン審査のポイント「返済負担率」 - 住宅ローン審査 - 専門家プロファイル

前野 稔
MC PLUS 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン審査のポイント「返済負担率」

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン審査

 

住宅ローンの審査項目の一つに、返済負担率があります。

返済負担率は、年間返済額 ÷ 年収 × 100%で算出されます。

 

金融機関や年収によって基準は異なりますが、返済負担率の上限は

25% ~ 40%となり、借入金額の限度が決まってきます。

 

例えば、3000万円の住宅ローンを35年返済で借入する場合、

変動金利(0.975%)ならば、毎月返済額 84,337円、年間返済額 1,012,044円となります。

 

この場合、年収500万円の方であれば、返済負担率は20.2%となります。

 

しかし、ほとんどの金融機関では、返済負担率を計算するときの金利は、

実際の実行金利ではなく金融機関ごとに決めれらた審査用の金利があり、

3%から4%で設定していることがあります。

 

つまり、先ほどの例の場合であれば、返済負担率は30%超であるとみなされる

ケースもあるということになります。

 

また、住宅ローン以外のローン(車やキャッシング等)の返済があれば、

この分の返済額も加算して、返済負担率をチェックされます。

 

金融機関に住宅ローンの相談をする前には、こういったポイントを

事前に確認するようにしましょう。

 

このコラムに類似したコラム

どうしたらフラット35や住宅ローン審査が通るかお教えします! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/04/29 13:00)

どうしたら住宅ローン審査が通るかお教えします ! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/04/01 14:00)

「住宅ローン」審査の基本 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/15 10:00)

【住宅ローンの専門家がチェック!】貴方の住宅ローンの資金計画・借入計画をプロが診断! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/04/01 13:00)