【クライアントさまの声】誰だって不完全なんだから、仕方ないんですよ - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【クライアントさまの声】誰だって不完全なんだから、仕方ないんですよ

- good

夫婦問題 クライアント様の声

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

クライアントさまからいただいたお声をご紹介します▼

 

 

「私がしてしまったことは、決して許されることではないのに、中西さんは一度も責めませんでしたね。

 

色々な人に話を聞いてもらいましたが、軽率とか母親としての自覚はあるのですかとか、そんなことすべきではなかったのにと言われて、自分が悪いと思っていても辛かったです。

 

この2ヶ月間で、気持ちが落ち着きを取り戻したのでしょうか、「じゃあ、どうしていこうか?」と考えるまでになれました。

 

安心して打ち明けることができたのが大きかったと個人的に思っています。

 

ありがとうございました」

 

(Dさまのお声)

 

※実際のカウンセリングのやりとりをクライアントさまのご許可をいただき掲載させていただきました。

 

 

 

人間って不完全な生き物ですから、誰だって間違えたり、失敗したりするんです。

 

でも、そのことを後になってから

 

「こうすべきだった」

 

みたいなことを言う人って、いるものです。

 

その助言が今後の人生に活かせるようなものならいいのですが、今さら、もうどうにもならないことを

 

「こうすればよかったのに」

 

とグチャグチャ言ったってしょうがないんですよね。

 


間違えた本人だって、どうしたらいいかわからないし、どうにかしたい気持ちもあります。

 

でも、非難されれば、身構えてしまいますから、挽回したり、償ったり、修復したりするチャンスがあることに気づかないまま、ただただ自分を責めることにエネルギーを注いでしまいがちです。

 

自分を責めていても、事態が好転するわけではないですよね。

 


「じゃあ、どうしていけばいい?」

 

っていうのを一緒に考えていくのがカウンセリングです。

 

だから、カウンセラーがクライアントさまの過去の出来事を責めることはありません。

 

安心して、お話しくださいね(^^♪

 

 

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

このコラムに類似したコラム

夫が常識では理解できない!深刻な夫婦の溝はアスペルガー症候群が原因かもしれません 堀江 健一 - 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー(2015/10/08 13:40)

【円満夫婦の特徴】夫が今すぐ出来る簡単なこと 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/15 19:00)

妻が一生根に持つ夫の言動 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/10 19:00)

うそつき夫!? 小林 美智子 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/28 15:06)

男性は夫婦問題を、解決しようとすると解決しません! 小林 美智子 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/17 17:37)