知的価値を創造するには? #1 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

知的価値を創造するには? #1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ベンチャー経営術、イマ〜戦略系。 販促・プロモーションのバックヤード
5月は、五月晴れといいますが、意外と雨が多いのもこの季節の特徴です。

こんにちは、
エスオープランニング、山藤(サンドウ)です。

「経団連会館」で開催された「これからの企業経営に求められること」
〜知的価値を創造する〜に参加してきました。

企業経営者向けということで右を見ても左を見ても、大手企業の社長さんだらけでした。

内容は、経済産業省が推進している「感性価値創造イニシアティブ」の一環で、
企業経営が目指す、新しい方向性を示す内容となっています。

人間は、オフィスという知的生産活動の中で、どのように生産性や効率性、創造性を高めてゆくのか?
SFっぽく書くと、「人間は環境によってはたしてどのように進化してゆくのか?」
とダーウィンの進化論真っ青な、感じでしょうか?

「これからの働き方と企業経営の未来」というテーマでした。
結論から書くと、

1 社会性と経済性を同時に追求してゆく、新しいビジネスのあり方が
  重要になる。
2 知的生産性を飛躍的に向上させること、その方策とは?
3 「グローバル・コンパクト」企業の成長と社会の発展を目指すものとは?


と言う感じでした、
ちょっと、難しいのですが、
解説すると、

1 新しいビジネスモデルとして、


  地球温暖化対策、CSR対策の発展系、商品安全、セキュリティー、
  コンプライアンスなど今後ますます高まる、企業への社会からの要請の
  パートがますます重要になる。

2 生産性を向上させる、働く場や、仕組みづくりが重要、


  ワークスタイル、ワークプレイスによる多様なコミュニケーション能力が
  必要になってくる。
  ワークプロセス、ジョブ・フローシステムや基幹情報システムなどの
  高度化に対応することが大切です。

3 国連が提唱する、世界とビジネス・ワールドとの連携が必要になってきます。


  人権・労働、環境、腐敗防止(法令順守)それは社会貢献の視点を、企業
 (自社・事務所)から、市場へ(顧客・パートナー)そして、社会(パブリック・
  地球環境保護)などへと、発展させてゆくことが今後、ますます重要になります。

というような内容でした。
知的価値を創造する作業は、明るく元気な仕事と社会を創造することでもあるのです。

主催、社団法人ニューオフィス推進協議会
共済、経済産業省
パネラー、「富士ゼロックス 取締役相談役 有馬利男さん」

参考資料:感性価値創造イニシアティブ

デザインと映像のエスオープランニング