日本に見る、お父さんをダメにする家 - 建築プロデュース - 専門家プロファイル

松岡在丸とハウジング・ワールド 
東京都
建築プロデューサー
03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本に見る、お父さんをダメにする家

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築プロデュース

家族一人一人の立場から家づくりを見ていると、とても興味深いことが分かります。

例えばお父さんを例にとって考えてみましょう。

子供にとって特に父親はしっかりとした指針を与えるとともに、威厳をもって家族を引っ張り、そして安心感を与える存在。経済的な面でも家族を支え、いざというときに身を挺して家族を守る、そんな大黒柱です。

それだけの期待が掛けられ、それだけの働きが求められるわけですから、当然、休息だって必要。気分や思いをリフレッシュしたり、ヒューマンスキルを含めた様々な自己啓発や向上心も大切。でも日本の家づくりを見ていると、「アンチお父さん空間」な家が本当に多いと感じます。

では、家は、お父さんたちにとって居心地の良いものとなっているでしょうか。


家族の威厳を保つ

家の中における「お父さんの威厳」が現れる場所があるでしょうか? それはダイニングテーブルの座る位置かもしれません。リビングのソファーの固定位置かもしれません。あるいは書斎かもしれません。

「この大黒柱はお父さんだね」と言えるような目に見える大黒柱があるでしょうか。家の何かをお父さんに例えることができる、ということですね。


休息できるか、リフレッシュできるか

毎日働いて帰ってくるお父さんが、家でしっかりと休息を取ることができるでしょうか。静かな空間、休まるベッド、そして美味しい食事でリフレッシュ。時には趣味に没頭したり、家族で楽しい時間を過ごしたり

家の中で家族でレクリエーションができるというのはとても大切です。子供にとっては、どこかに出掛けるということ以上に、お父さんが一緒に遊んでくれたという記憶がしっかりと残るもの。多額の費用と多くの時間を掛けて外出するよりも、家の中でほんの1時間でいいので家族そろってゲームをしたりする習慣が確立されると良いですよね。

では、そのようにみんなで過ごせる居心地よい空間があるでしょうか。リビングの使い方を「テレビを観る部屋」としてしまうと、それもできなくなりますので注意しましょう。


向上心を保つためにはやはり書斎を

仕事を家に持ち込むことは避けたいという方も少なくありません。でも、勉強する環境が家にあるというのは素晴らしいことです。

お父さんは、自分のスキルを磨いたり、あるいは家族のために自己啓発したりと、何かと進歩していきたいもの。そのための書斎、そして作業スペースとなる部屋が備わっていると、ひいてはそれが威厳を保つ場所にもなり、趣味などでリフレッシュする場ともなりうる、そんな家の使い方が出来るようになります。


今一度、お父さんと「家」の関係を見直してみてください。「早く家に帰りたい」と思える住まいを実現できているでしょうか。それとも「家には居場所がない」という悲しい気持ちになっていないでしょうか。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築プロデューサー)
松岡在丸とハウジング・ワールド 

平均年収の方でも建てられる100年住宅を

高級輸入住宅の敏腕営業担当として『ツーバイフォーの鬼』と呼ばれる営業成績を残しつつも、必ずしも家が大切に残されないことや幸せに直結しないことに疑問を抱き、独立後、十数回にも及ぶ欧米住宅研究旅行を実施。国産無垢材ティンバーの大空間を実現。

03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

【住宅の安全性能を考える】-5 最終回 西島 正樹 - 建築家(2013/09/24 19:29)

子供が楽しい家(前) 志田 茂 - 建築家(2013/05/31 17:39)

すべり台のある家 福味 健治 - 建築家(2013/05/14 07:24)

幸せって なんでしょう 志田 茂 - 建築家(2013/02/27 11:41)

家族の居場所2〜目線の高さを合わせる 岸上 昌史 - 建築家(2012/09/29 20:05)