起業の最初の段階から悩むべきはお客さん作り - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業の最初の段階から悩むべきはお客さん作り

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 起業する場合、起業家にとって最大の課題となるのは、新店舗や新会社にいかにお客さんを作るかに尽きます。まったく実績のない店舗に、入ってきてくれるお客さんには勇気が必要です。そのお客さんに、いかに店舗に入ってもらって、商品やサービスを購入してもらうか、大変難しい問題です。

 はっきり言って、この問題には正解はありません。お客さんを引き付けるキャッチコピーを考え、店頭ボードには魅力的な商品や価格を書き込み、他の店にはない内装を施しても、来店してくれるかどうかは分かりません。結局は、多くのお客さんが来てくれたら正解ということになります。

 一方、同じ起業する場合に、営業許可をいかに取得するか、株式会社にする際の登記はどうするか、会計処理はどのようにするかなど、起業には欠かせない定型的な問題の処理も必要です。ただ、この種の問題は、自動車運転免許を取得するときに、緊張するハラハラ感とよく似ています。

 自動車運転の全体像が分かっていませんから、目の前の運転免許を取ることが全てと思い込みがちです。実際は、免許を取得して1週間もすると、取得するための試験のことなど全て忘れてしまいます。本当に大事なことは、路上で運転をする中で事故や違反を犯さないことに尽きます。

 起業の準備段階から、常に考え続けなければいけないのは、お客さんをいかに作るかです。ところが、こちらも全体像が見えていませんから、会社設立や会計処理のことばかりに悩んで、肝心のお客さん作りはすっかり忘れがちです。店舗を開業する段になって、慌ててお客さん作りと向き合う起業家が大勢います。

 お客さん作りに関しましては、開業してからも絶えず仕掛けを考える必要があります。起業に向かう最初の段階から、お客さん作りをいつも考え続けないと、ビジネスを継続することは難しいです。このところ、起業相談の内容が本質的な問題から徐々に変わってきて、心配が募っているわたしです。

【一言】
 人間、答えのはっきりしている問題と、答えのない問題では、誰もが答えのある問題を選ぶのが人情です。起業では、どうしたらお客さんが集まるか、いかにしたら売れるか、仮定を元に事業を展開しますが、ベストの答えは誰にも判りません。ただ、ベターの答えを積み重ねることによって、少しでもベストに近づけようとする作業です。事業をしている以上は、常に付きまとう問題ですから、避けることなく正面から取り組んでください。起業相談をお待ちします

このコラムに類似したコラム

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

起業家はビジネス社会の反逆者? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/04/30 20:55)

起業で成功するためのコツの一つ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/04/27 21:20)

いつも見ているため客観的に見れなくなった 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/13 20:50)