ランニングをしない理由 - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

傳川 紀子
アユスエン サンクスバランスプロモータ-
ヨガインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ランニングをしない理由

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 心と体の不調全般
いいシゴトのためのコンディショニング

今朝のウォーキング。

いつもとコースを変えて、
幕張の海沿いまで行ってきました。

IMG_3397

海は癒し効果がありますね!

ちょっと冷たい風に、秋の気配。
気持ちよかったです。

さて、海沿いには、
たくさんのランナーがいました。

しかし、私はランニングはしません。

「運動は大事!」

と言っているのに、

なぜ、ランニングをしないのか?

IMG_3402

それは、
「体への負荷が大きい。」

からです。

足首、アキレス腱、膝、腰など

ランニングによって痛める人は
ランナーの8割にも及ぶと言われています。

 

そして、女性にとっては、

足首、膝=生殖器。

ですので、

 

「足首痛めちゃった〜。」
「膝、痛めちゃった〜。」

 

そんなときには、生殖器(子宮や卵巣)
にもダメージがあるんです。

こんなことから、
特に女性には、ランニングは
あまりお勧めしません。

20代なら、まだいいかもしれませんが、
35歳以降の運動は、

とにかく、

 

体を痛めないことを第一に

 

考えるべきと思います。

なぜなら、怪我をした場合、
リカバリーするのが大変だからです。

下手すると、
リカバリーできないこともあります。

 

男性なら、
骨格がしっかりしているので
アフターケアをしっかりすれば、
ランニングもいいと思います。

 

しかし、女性は
足首も骨盤も柔らかく
衝撃によるダメージが大きいので、
やはり、ランニングはデメリットが
あるなあと、思います。

 

 

でも、やっぱり
走ったときのあの爽快感を味わいたい!

その気持ち、わかります(*^-^)

実は、
ここまで、ランニングをしないと
言った私も走っています( */ ̄∀ ̄)

それは、スロージョギングという
方法です。

 

体への負荷を最小限にした方法なので、
これは、女性にもおすすめできます。

今日は、長くなりましたので、
詳しくは、また、明日書きますね!

 

 〜働く人を応援します(o^^o)〜

カラダ・ハート・脳にいいこと

週に1〜2回のペースで情報発信しています。


↓こちらから、ご登録ください♪↓
メルマガロゴ

このコラムに類似したコラム

転びやすい・・? みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/04/10 10:00)

歩くことを楽しむ工夫 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/02/11 09:50)

睡眠力強化Q&A 回答 「寝ているときに足の裏がつる」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/04/19 02:29)

静かに動くのがお薦めです。 みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/05/27 10:00)