住宅の耐久性up ろうそくで… - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

鈴木 克彦
株式会社マクス 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅の耐久性up ろうそくで…

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ティンバーフレーム工法の住宅 富士市 時を刻む家
ティンバーフレームの家が出来るまでをダイジェストで書いております。

さて、前回に引き続き、耐久性を上げるちょっとした工夫です。

写真は私のキャンプ用品のコンロと、ホームセンターで買ったロウソク。
これを、お煎餅の缶で熱すると、ロウソクは見る見る溶けて行きます。

溶けたロウソクを、ティンバーフレームの柱の根元の木口(こぐち)に塗ります。

普通の柱は桧の土台に開けた穴に収まるのですが、この柱は桧の土台の倍も巾があるので、土台からはみ出して、下まで伸びています。

そこで、「湿気をすわない様に」と言う配慮です。

今はこんな事しませんが、昔はお寺で大きな柱を使う時は良くやった、と言いながら楽しそうに塗っているの大工でした。


完成すると完全に見えなくなる部分ですが、こんな事でも耐久性は上がります。

耐久性アップのポイントは、見えない所にばっかり有ると言えるのかも知れません。
そこを一生懸命にやるのは、お客様のためか、はたまた自己満足か?

でも、真面目に家を建てるってこういう事だと思います。

さて、次回はいよいよ上棟時のことを書いてようと思います。
お楽しみに。


なお、ティンバーフレームについては、こちらもご覧下さい。