【お悩み相談】どうしても面会交流を拒みたい - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【お悩み相談】どうしても面会交流を拒みたい

- good

夫婦問題 お悩み相談

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 


【お悩み】


娘を元夫にどうしても会わせたくありません。

 

自分勝手なのはよくわかっています。

 

でも、あんな父親なら会わない方が娘のためなのです。

 

でも、娘から父親を取り上げるわけですから、私だけ幸せになるわけにはいきませんよね。

 

父親には会わせない。もう二度と。

 

その代わりに私ももう二度と男性とは付き合わずに娘のためだけに生きていこうと思います。

 

でも、それがいいのかどうか、まだ迷っています。

 

 

 


【お答えします】


相談者さまは、娘ちゃんと二人で暮らしているのでしょうか?

 

お母さん以外の大人の愛情を感じられるような環境で育っていますか?

 


もしお母さんと二人っきりの世界で生活していると、お母さんと娘ちゃんの結びつきというのは、とても濃いものになりますよね。

 

同じ年頃の女の子に比べて、お母さんとの絆がとても強いだろうと思います。

 

小さいうちは、それでも大丈夫です。

 

でも絆が強くなりすぎると、親離れする時期に親離れすることが難しくなってしまうことがあるんです。

 

お友だちと遊ぶよりも、お母さんを選び、彼氏も作らずにお母さんと過ごす、お母さん第一主義の女の子になってしまいます。

 

そうすると、お母さんのことが心配で、お嫁に行くことが出来ないなんてことも起こります。

 

 


娘ちゃんには、お母さんの愛情が必要です。

 

でも、お母さん以外の大人から注がれる愛情も必要です。

 

事情があって、お父さんと会うことが難しい場合、お母さんがその償いでもするかのように他の男性との交流を断ち切ってしまうことは、必ずしも娘ちゃんの幸せにはなりません。


娘ちゃんが将来、安心してお嫁にいけるようにするには、どうしたらいいのかを考えてみてくださいね。

 

特にお父さんと会うことが本当に無理なのかどうか再検討してみてください。

 

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

 

このコラムに類似したコラム

第三者を交えた面会交流 藤原 文 - 行政書士(2015/01/02 14:18)

面会交流のしおり(名古屋家裁) 阿部 マリ - 行政書士(2014/08/21 08:00)

面会交流は教育の一環か 阿部 マリ - 行政書士(2014/04/01 10:00)

面会交流を禁止・制限すべき事由とは 阿部 マリ - 行政書士(2014/03/20 10:00)