知らないとヤバい子育ての話 - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

知らないとヤバい子育ての話

- good

夫婦問題 離婚と子ども

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

ちょっとだけ難しい話をします。

 

あなたのことを「認めていますよ」と表現することを「ストローク」といいます。

 

ストロークには、プラスのストロークとマイナスのストロークがあります。

 

プラスのストロークというのは、受け取ると幸せな気持ちになるものです。

 

「褒める」

 

「微笑みかける」

 

「抱きしめる」

 

というのが、その代表だといえます。


一方、マイナスのストロークは、受け取ると痛みが伴うものです。

 

「殴る」

 

「罵倒する」

 

「睨む」

 

などがあります。

 


プラスのストロークも、マイナスのストロークも得られない状態は、ストロークゼロといって、「無視」や「無関心」などがそれです。


このストロークゼロの状態が一番しんどいです。

 

でも、これを我が子にやってしまう親御さん、多いですよ。


あとは、何をやっても、マイナスのストロークしか与えない親御さん。

 

自分の心を満たすようなことをしたときだけ、プラスのストロークを与える親御さんもまた多いです。

 


ご夫婦の問題を抱えていらっしゃる方は、親御さんから無条件のプラスのストロークを与えられずに成長した方がほとんどです。

 

 

親御さんとの関わりの中で

 

「自分には愛されるだけの価値がない」

 

と勘違いして

 

・偽りの自信で周りの人を傷つけたり

 

・自分に自信がなくて、受け入れてもらえるように、見捨てられないようにと自分を犠牲にしたり

 

・わざわざ不幸になりそうな相手を選んで、離婚、再婚を繰り返したり

 

・愛してもらえなかった虚しさを何か特定のものに依存することで誤魔化そうとしたり

 

・そんな「何かに依存している相手」から必要とされようとして、自分をすり減らすことで自分の居場所を見出そうとしたり・・・

 

そんな苦しい思いをされている方たちが本当に多いです。

 

親子の関わり方って、本当に大事です。

 

もし、何か不安なことがあったり、気持ちに余裕がなくて、我が子に関心がなくなってしまったり、辛く当たってしまったり、自分の思い通りの子にしたくなってしまうのでしたら、その不安な気持ちを誰かに受け止めてもらってください。


受け止めてくれる相手がいないときには、カウンセリングをご利用になってみてくださいね(^^♪

 

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。 

このコラムに類似したコラム

不釣合な夫婦 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/09/27 15:00)

夫婦の不仲が子育てにどう影響するか知っておきましょうね 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/09/26 12:00)

小学校で子育て講座をやります 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/09/14 12:00)

夫のことを嫌っていると、あなたの●●が厳しくなります 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/08/26 14:42)

【相談実例】浮気疑惑の夫が離婚に同意してくれません 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2012/12/10 14:01)