【お悩み相談】元ダンナに対するストレス - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【お悩み相談】元ダンナに対するストレス

- good

夫婦問題 お悩み相談

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

【お悩み】

 

離婚後も、元ダンナとの交流が続いています。

 

夫婦としては終わっても、子どもには関係のないことですから、みんなで遊びに行ったり、食事に行ったりしています。

 

元ダンナが泊まりに来ることもあります。

 

子どもには関係のないことですから、不快な思いをさせないように表向きは仲良くやっていますが、やっぱり嫌なんです。

 

仲が良いフリも限界です。

 

もう夫婦じゃないのに、家族がずっと続いているようで重いです。

 

でも、子どもにこれ以上の負担はかけたくないんです。

 

どうすれば、元ダンナとストレスなく仲良くいられるのでしょう?

 

 

 

 

 

【お答えします】


お子さんに負担をかけまいと、一生懸命頑張っていらっしゃいますね。

 

「離婚は子どもには関係のないこと」という考え方は、なかなか出来ることではないと思いますよ。

 

本当に立派です。

 

でも、自分の本心を偽って、仲が良いフリをするのは辛いのですよね。

 


お子さんの前で激しく争ったり、相手の悪口をお子さんにきかせるなどのことをしなければ、両親の間に少々対立している感じが漂っていても大丈夫です。

 

無理して仲良く振舞わなくても、いいんですよ(^^♪


お子さんには、両親の離婚後に

 

「また皆で一緒に暮らす日が来る」

 

と和解を期待する時期があるんです。

 

そんなときに、ご両親がすごく仲良くしていたら、期待は大きく膨らみますし

 

「なぜ別々に暮らす必要があるんだろうか?」

 

という疑問を強く抱きます。

 

そうすると、お子さんは混乱してしまって、離婚という動かしがたい事実に対処するのが難しくなってしまうことがあるんです。

 

両親の和解が、手に入りそうで入らないというのも、お子さんにとっては負担になります。

 

「争いを避けるために、やむを得ず別々に暮らす道を選んだ」

 

ということをお子さんにわかる言葉で説明してあげてくださいね。

 

そして、元ダンナさんとは、我が子の親として無理なく付き合っていかれるといいと思いますよ。

 

相談者さまはお子さんをとても大切に思っていらっしゃいますね。

 

これからもずっと愛情を注ぎ続けることが出来るように、ご自分にも優しくしてあげてください。

 

先は長いのですから、あまり無理なことをご自分に要求しないでくださいね(^^♪

 

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。


 

このコラムに類似したコラム

消費税引き上げと夫婦問題 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/18 11:00)

【クライアントさまの声】今決めることはないって言われたら、楽になりました 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/10 14:00)

「夫と別れて、彼と結婚したい」と思ったら 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/04 20:00)

修復のゴリ押しをしていませんか? 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/02 11:23)

離婚話が持ち上がるのは、こんなときです 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/01 14:00)