事業計画のテンション - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業計画のテンション

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はクレーンの日です。
結構狭い工事現場でもたか~いヤツを使っているんですよねぇ…。

過去の会計帳簿と未来の事業計画について書いています。
事業計画のテンションですが、色々とあります。
例示ですが


・納税者と顧問税理士が日常的な面談で行うやり取り
「売上がこれくらいで原価がこんなもんだから、これだと固定費が賄えないですよね」
といった類のやり取りです。
上の話なら、もう少し売上単価を上げるとか原価を下げるとかしないと利益が出せないから、お金もなくなってしまうよ、という分かりやすい未来を提示しています。
現状の課題を把握し、このままだと起こる未来について提示するこのような話も事業計画と言えなくもありません。


・もう少し格式張った事業計画
「我が社の事業はこのように展開し、これくらいの数字をあげられる力がありますので、どうぞ資金融資をお願い致します!!」
といった類の提示式計画です。
中小零細企業の場合、金融機関などに提示して資金融資を受ける場合に作成することが多いです。
この場合の事業計画は、かなり形式が求められることになります。
そして単なる予想というよりも、対外的に宣言する目標に近い意味合いを持ちます。


一口に事業計画と言ってもテンションは様々です。
もう一つの用語として「戦略会計」というのが最近は出てきました。
少しだけ補足します。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

地域系金融機関の職員さんが言った一言 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/29 07:00)

ある会社における設備投資について 高橋 昌也 - 税理士(2015/03/21 07:00)

どんぶり勘定の重要性 高橋 昌也 - 税理士(2015/03/20 07:00)

会社規模の大小 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/28 07:00)

セレンディピティ 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/04 07:00)