メンタルを強化する「インナー・ヨガ」 - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メンタルを強化する「インナー・ヨガ」

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

プレッシャーに強くなる!脳と心を鍛えるサイバーヨガ・スタジオの辻です。


「今ここ」に意識を集中させると,緊張や不快と関連する脳の「扁桃体」の興奮を抑えることができます.


それには,ヨガが最適なトレーニングなのです.


しかし,同じヨガでもポーズをきれいに作ることが目的のいわゆる「アウター・ヨガ」ではほとんどメンタル面への効果は期待できません


ポーズをきれいに作ることを目的にした段階で,周りの人やインストラクターと自分のポーズを比較するようになり,そこに競争原理が働いてしまうからです.


それは,スポーツであり,自己鍛錬を目的としたヨガの目的からは大きく外れてしまいます.


昔のヨガ行者はヒマラヤの中でたったひとりでヨガを行っていました.


人に見せるために行っているわけではないので当然といえば当然です.


伝統的なヨガの場合,グループでヨガを行う場合でも常に目を閉じて行います


それは,重要なのは外の世界ではなく,内面に意識を向けることだからです.


ポーズを行っている最中の筋肉の伸び具合,心拍,血流の変化を感じ,常に「今ここ」に意識を向けます


「今ここ」に意識を向ける行為を「マインドフルネス」と呼びます.

 

 

「アウター・ヨガ」に対して,「インナー・ヨガ」と呼ばれたりします.

 

 

「マインドフルネス」的にヨガを行うと,脳の「背内側前頭前野」や「島皮質」などの脳部位が肥大していきます

「アウター・ヨガ」では集中が外に拡散してしまいますから,こういった脳の肥大は期待できません.

 

 

筋肉を鍛える方法とは異なり,脳やメンタルを鍛える場合は,

体内の変化など内面に意識を向け,「今ここ」に集中することが鍵なのです.

 

筑波大学発ベンチャー株式会社サイバー・ヨガ研究所代表取締役 辻 良史



無敗脳ヨガ 」ブログ

このコラムに類似したコラム

海を眺めながらのニューロフィードバック 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/03/29 10:29)

ヨガは最高のバイオフィードバックだ! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/02/23 14:27)

リアルの世界を生き抜くヨガを目指して! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/12/23 11:52)

精神力の磨き方 ~ 宮本武蔵 編 ~ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/08/02 21:45)

家入レオさんが言っていたことは本当! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/18 20:05)