絶えず訪れる大地震とビジネス不況 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

絶えず訪れる大地震とビジネス不況

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 台風が通り過ぎますと、翌日以降本当に透き通ったすばらしい天気になります。被害を受けた人には申し訳ありませんが、街の汚れは一掃され、ゴミもなくなって、掃除が終わったばかりの室内のように、気持ちのよい街になります。一年の四季の中で今は、周囲をきれいに掃き清める時期のようです。

 ビジネスの世界においても、景気がよくてよく売れる時期がある反面、思い通りにモノやサービスが売れない、経営者が苦労する時期もよくあります。四季と同じように、経済にも好況と不況の循環があります。景気の好不況は誰にも思い通りになりませんから、ビジネスは面白いと思います。

 結局、経済は絶えず変化を遂げていて、この変化にいかに対応するかが起業家や経営者の重要な仕事です。先日、地質学の専門家の話を聞いていましたら、地球の地盤にも同じような動きがあるようです。地震の発生源となるプレートは、1年間に7cm移動しているというものです。

 絶えずプレートは動き続けていますから、一定期間が過ぎますと岩盤と岩盤が重なり合うプレートに歪が生まれます。この歪を一定程度超えますと、互いに支えきれなくなって地震が発生するといいます。しかも一度に修正するのはなく、何度もプレートを揺することで歪のない状態に戻っていきます。

 日本では、太平洋戦争の終戦後に大地震が発生して以降、経済の高度成長期といわれる1960年代から80年代にかけては、大地震がほとんど発生しない珍しい時期だったと言います。そして現代は、ご承知のように2度の大震災を経験し、そのほかにも震度6以上の地震を何度も経験しています。

 今後のビジネスにおいては、景気循環と同時に自然災害の脅威も考えながらビジネスを展開する必要があります。各社の競争の中では、警戒心のない既存企業は消えていきますから、起業した会社が継続する余地も十分あります。ビジネスでは、どんなことが起こるか分かりませんから、いつも天気が続くとは思わないことです。

【一言】
 昨日お願いした業界の常識に関しては、多くのメールを送っていただきありがとうございます。製造業の方から多かったのが驚きでした。また、お客さんとして訪れるビジネスに関して、常識に疑問を寄せてくれる人も多かったです。普段から起業相談を利用してもらっている人からのメールには、ほんと頭が下がります。この助言を生かして、これまでにないユニーク起業を考えていきます。

このコラムに類似したコラム

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

マスコミに起業した会社が取り上げられると 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/16 20:20)

起業で最初に売れ筋商品を扱う落とし穴 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/28 20:06)

脱サラでUターン起業を考えるなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/20 20:37)

驚きのわが国認知症患者数が550万人 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/16 20:32)