10-6書いて安心!幸せエンディングノート~今からはじめる老い支度と終活準備|茨城県水戸市 - 生涯学習 - 専門家プロファイル

明石 久美
明石シニアコンサルティング 代表
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

10-6書いて安心!幸せエンディングノート~今からはじめる老い支度と終活準備|茨城県水戸市

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 生涯学習
セミナーの様子 :葬儀・お墓・終活セミナー

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2013年6月4日(火)~ 茨城県水戸市で、「書いて安心!幸せエンディングノート~今からはじめる老い支度と終活準備」という10回講座が始まりました。

7月30日の第6回目は、「人生最後のセレモニー~知っておきたい葬儀知識~」です。

(1)自分や家族が困らないための老い支度や終活準備の必要性
(2)今話題のエンディングノートの注意点と作成方法
(3)家族が認知症になったときのために知っておきたい成年後見制度
(4)遺言書は必要?不要?事例で学ぶ遺言知識
(5)悪質商法の手口と対策
(6)人生最後のセレモニー~知っておきたい葬儀知識~
(7)今から考えておきたい祖先のお墓・自分のお墓・祭祀承継
(8)こんなにある!相続の手続きと死亡したあとのお金について
(9)家族が亡くなったときにやるべきこと
(10)今までの総まとめ!これからの人生をよりよく生きるために


自分が死んだら葬儀なんて行わなくて良い、火葬だけでよいから、形だけで構わない、家族だけで簡素にやってくれれば・・・など、「葬儀」をどのように考えているのだろうかと疑問に思う言葉が、平気で飛び交うようになりました。

今までは、葬儀の話などタブーという感じだったのが、一気に情報が解禁とばかりにあふれ出してきました。
ところがこの情報が、必ずしも消費者にプラスに働くものばかりではありません。業者側の思惑もかなり盛り込まれていたり、書籍や雑誌、メディアなどの影響も色濃くでています。

自分の葬儀は簡素化でよいと口にする人でも、自分の親や配偶者の葬儀は、きちんとした葬儀にしたいという人もいますし、まったく葬儀の必要性を感じていない人もいます。

それぞれの考え方がありますから、必ずしもこうあるべきだとは言えませんが、葬儀は何のために行うのでしょうか。

自分はそれでよくても、家族はそのように望んでいるのでしょうか。
葬儀を行うのは家族です。それならば、家族が望むような葬儀を考えてあげるのも必要なことなのではないでしょうか。
本人が、簡素化でよいと言えば、最後の意思だから叶えてあげようと思う親族もいます。意にそぐわなくてもです。

中には、親に何もしてあげられなかったから、最後は盛大に見送ってあげたいという人もいるのです。
それがその人にとっての最後の親孝行という位置づけであり、その葬儀を行うことで自分自身が納得できるのでしょう。

自分の葬儀ですが、自分では行うことはできません。

流行っている(ハズ)だから、これでよい(だろう)から、と安易に考えるのではなく、葬儀の色々なことを分かってから、どうすべきか判断してほしいものです。

行ってしまった葬儀は、やり直しがきかないのですから。


セミナー講演の様子はこちら
参加者の声はこちら
シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  
■講演地域:全国
北海道、福島県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、和歌山県、大阪府、奈良県、兵庫県、広島県、島根県、香川県、高知県、愛媛県、鹿児島県など全国で行っております
◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所
◆相続専門家団体これから相続コンサルネット

 

このコラムに類似したコラム