「管理費が安い」ことをどうみるか 〜メルマガより〜 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
大長 伸吉
(不動産投資アドバイザー)

閲覧数順 2017年01月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「管理費が安い」ことをどうみるか 〜メルマガより〜

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
どんな物件を選びますか?…投資用不動産の選び方…
【EMPメルマガバックナンバー 2004/5/23号】


「いざ購入」となった場合には、管理会社に調査依頼を出し、
過去の修繕履歴や将来の修繕計画、
今まで貯蓄されている修繕積立金の額などを調べます。


そうすることによって、
目視ではわからない屋上・廊下などの防水工事や
配管・受水槽などの設備メンテナンス状況、
外壁・鉄部の補修状況などがわかるとともに、
将来大規模修繕をする際、どれくらいの時期に
いくらくらい負担が発生するのかが予測できます。


(注:修繕予定がずっと先ですと、予想がかなりアバウトになりますが。)
   

この段階で「購入STOP」をアドバイスさせていただく場合もあります。


アパートの場合、前所有者が修繕補修履歴を残していれば良いのですが
往々にして残っていない場合もあり診断が難しいのですが、
木部の腐食など隠れた瑕疵が懸念される場合もあるので、
プロの建物診断士に頼んでチェックしていただくケースもあります。


売らんがために(目先の収益利回りを高く見せるため)
管理費や修繕積立金を安く設定している物件もありますが、
そういう物件は大規模修繕などの際に負担が大きくなります。


投資家の中には、目先のネット利回りに左右され、
管理費・修繕積立金が高い物件を嫌がる方もありますが、
資産価値の維持と売却時の優位性を考えればむしろ


『適正な費用負担は当然』と考えるべきでしょう。




※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP