業界の常識 起業するなら非常識 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

業界の常識 起業するなら非常識

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 これから起業を目指す人なら、まず注目してもらいたいのが参入する業界で古くから信じられている常識。会社の古株の人が、自慢げに「そんなのは業界の常識だよ」と口にします。この常識、よく調べますと、ほとんどは古くからその業界で大きな利益を上げている会社の、利益の根源ともいえるもの。

 理容業界では、理髪に来たお客さんの頭を洗うことは常識です。ところがお客さんの中には、髪の毛のカットだけしてくれたて、後の洗髪は自分ですることを望む人がけっこういます。洗髪よりも、高い料金を少しでも安くしてくれたほうが、お客さんにとってはありがたいサービスということです。

 現在、全国各地の理容業界では、理容室に洗髪台が必要かどうかで揉めています。既存の高額料金を取る理容室では、洗髪台は理容室にとって常識ですが、低価格料金を売りにする新規店舗は、スペースが必要で、設備にもお金のかかる洗髪台は、非常識と言うことになります。

 時代の変わり目といわれる現代、ビジネスを展開する業界の常識と非常識とが激しくぶつかり合っています。新たに起業する人にとって、既存の会社からお客さんを奪わないことには、経営の安定も成長もありません。非常識を前面にだして、お客さんの支持を取り付けたいところです。

 常識を打ち破ることが、起業を実現してビジネスを継続する鍵となります。これまで、まったく疑問を持たなかった、古くからの会社のルールや仕来たりの中には、業界の常識がいっぱい詰め込まれています。業界を二分するような大きな問題でなくても、小さな常識の中にも新たな起業のきっかけがあるはずです。

【一言】
 早くから業界の常識の不合理に気付いて、起業した人は大勢います。世の中面白いもので、常識を打ち破って新たな起業に成功しても、今度は自分が常識を作る側に回っているケースもよくあります。もし、あなたの知る、おかしな業界の常識がありましたら、教えてください

このコラムに類似したコラム

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

マスコミに起業した会社が取り上げられると 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/16 20:20)

脱サラでUターン起業を考えるなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/20 20:37)

驚きのわが国認知症患者数が550万人 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/16 20:32)

議論を避ける日本人と起業との関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/11 20:42)