「マンションは管理を買え」 〜メルマガより〜 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「マンションは管理を買え」 〜メルマガより〜

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
賃貸経営…大家さんになったら…
【EMPメルマガバックナンバー 2004/5/23号】


居住用マンション購入の場合、
「マンションは管理を買え」とよく言います。
それは管理状態によって、「資産価値」と「住環境」が大きく左右されるからです。


投資用マンションも同様のことが言えます。
特に、投資用のマンションやアパートは
所有者がそこに居住していないことが多いので、
尚のこと管理を重視する必要があります。


管理が悪いとインカム・キャピタルともに大きなロスが発生することがあります。

 
弊社では事前に物件をチェックし、
目視レベルで管理状態の悪いものは、
どんなに利回りがよくてもご紹介しないようにしています。
それくらい投資基準として『管理』を重要視しているのです。


それでは、管理状況の良し悪しはどうすればわかるでしょう?


答えは簡単です。


現地に行けば判ります。
建物や外壁・設備の傷み具合、エントランス・廊下の清掃状態、
ゴミ置場・駐輪場などの整理整頓状況、植栽の手入れ状態など、
通常の感性の持ち主であれば大体判断が出来ます。


ですから、現地を見ることは非常に重要です。


一般的に「管理人さんが常駐(もしくは日勤)している」物件は、
日常的に建物の隅々まで目が行き届いているので、
管理状態が良い物件が多いです。


「大手の管理会社が管理していれば安心」と言えなくもないのですが、
自主管理や中小の管理会社が管理している物件でも
キチッと管理されている物件はありますから、
やはり自分の目で判断することが重要です。


>>>続く



※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP